1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム

●Bloggerへ避難します ブックマークに全の場がある•仲 秀明 動画・仲三世 視聴者 様がスポンサーです!

2台のロケットのパラドクス!ベルの宇宙船のパラドクス!

2016年12月31日 21時52分51秒 | 相対量子論と秀のやしろ宇宙システムの軌跡
にらめっこしているうちにわかって来るでしょう⁉自分で作るはうがよいでしょう!13.5cmまでローレンツ延長しています最大ですが証拠も刻めば理論通り残るから幻影ではありません!後方ロケットはドッブラー的な光線受信と先頭ロケットのスロー25%スローがプラスされた画像をCで見ていきます!そして先頭が早く発信した真逆な感じてロケットの間隔100m距離のCの間隔が開いた分逆再生で元の100mの距離に戻ります!減速は先頭が先に加速度エンジン切ります、画像は最後は早送りに見えたりしますが脳を納得させてくれる届き方です!、初めは信号者は中央ですがローレンツ短縮を後方者は20%先頭は迫り変化します、要は光行差が伴うのでお互いに光線を先頭の方へ移行した感じになるのはお互い様です!瞬時に舞台が重力場に切り替わります!すると8:2の配置をが‼v=0.6cの時の中央配置をを理論展開出来ます!よいお年をお過ごし下さい。img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/39/d2/71727468b88a6df6877c4a4a235cdf67.jpg" border="0">明日は書道を家内が披露するかも知れません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両視点で洞察2台のロケットの... | トップ | 書道と年明け2017年ベルの宇... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL