1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム

●Bloggerへ避難します ブックマークに全の場がある•仲 秀明 動画・仲三世 視聴者 様がスポンサーです!

理論上のリアルな姿!地球からベテルギウスへ:光速の80%で宇宙旅行

2016年12月24日 20時20分01秒 | 1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム
地球からベテルギウスへ:光速の80%で宇宙旅行
     秀のやしろ宇宙システムヲ,理解するにはスターウォーズの1シーンの進行方行に足元が来ます、そこが真下です! 真下がそこに配置します!光行差が=プラネタリウムに投影されたスクリーンです!質量が立ち塞がるイメージです!真後ろは希薄に成ります!進行方向は光線が時計の長い針が9:30~45分は理論上なれません!極限に傾いて行きます、円周に沿いながら目的地星⭐は距離が全宇宙が勝手に短縮する姿が本来の宇宙の距離のスペックだったのです‼アインシュタイン博士の一般相対性理論の帰結なのでした!宇宙全体がyou に対して前方に傾きます!理論上、その時点で真横、真下、真上です!ですがこの姿こそリアルな姿です!その時点ではyou は触れません!地面に証拠を刻めば停止して検証すれば理論道理になる。元の距離に復元して後方の距離も進行方向の距離も戻ります、短い時間で到達キス出来たので!距離空間が短縮したと普通は思うのですし実際に距離が収縮すれば短い時間で到達と見込み、
実際にこのスピードクラスになると時空で扱います!時間、距離、ガソリン的なエネルギーは付けを払わされています!消費しています!これが宇宙の隠された法則数値にそわざろう得ないので、順応する為に必要な常に素球体が多仮想で常に二次元シャボン玉に同化し進行方向に素球体が便利に出現させると実体数値のアインシュタインの相対論に従います!宇宙の果てはブラックホールヲ,適用出来る事は専門家であれば常識ですね‼多角的視点で考えれて美しい!素粒子物理学の対称性も波動のように双対性も含んでいて愛、相矛盾せず成立しています!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い出す。。浜田省吾 『片... | トップ | 明瞭化.図面モデルで解く事の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL