1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム

●Bloggerへ避難します ブックマークに全の場がある•仲 秀明 動画・仲三世 視聴者 様がスポンサーです!

素球体の考え方!

2017年04月04日 16時02分52秒 | 1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム
何時もの宇宙システムの写真絵図です実素球体が全宇宙であります、近似的に中心に固定された観測視点はブラックホールと出来る対極点が、つまり素球体はローレンツ短縮してシャボン玉がそのまんま小さくなってうく感じです、素球体の味噌なのは収縮した宇宙でも素球体は理論上大きさは変わらず存在しています、それと昨日Blogger で述べるべきでしたが床にあたる旗があります!日の丸ですが、その平行している空間も球体のシャボン玉の様に理解されます半径c若しくは直径cの仮想球体は常に存在しています目的★星の距離がローレンツ短縮致しますが宇宙空間は常に移動出来る空間は在るので果てはありません素球体の最大級は観測視点が静止しているときともいえます!ですが絶対静止しているのは相対論では決められませんから加速度を体感はできましたら距離が思ったよりも直ぐに到達したの裏っ返しの意味は普通は距離がこちらに来たのではないかと人間の感覚は日常の経験から思うはずです!普通の速度で日夜距離がいちいち半分になったりしていたら不思議には感じないでしょう。ですが本来は移動すると法則は変わりませんが様相を物理的に変容させるのが本来の宇宙だったのでありました!ですから慣れましょう。実素球体はシャボン玉の縁に沿い従いながらブラックホールがその都度スピンの様にランダムに観測されて測定されるでしょう、電磁波的にです!おわんの縁に沿いながら接近してきます!それが直径の拡小していく球体や円とすれば体系化出来ていますね、接近物はランダムにあべこべだったり測定をそのデジタル的な都度にスピンランダムに測定されるでしょう球体は全てのの方向に対称性が成り立ちますから便利です、色分けした3つの同じ円が進行方向の真ん中で接点して合流していましょう⁉そこが速度の更に80%です厳密にメートル計算をしますと64%センチです博士の式でV1v2をかける箇所です!V=0.8cのローレンツ短縮率は60%に目的★星距離がきますからこの系にとっての80%は外部からは4. 8センチになります、円が矛盾なく双方がなだらかにこの作業を継続していきますと点に収束して力の統合とエネルギーが無限大収束するこれは宇宙の全エネルギーを一一点に集めた訳でありますから極限です、それから先は予言と新しい数学で顕現してくれば確たる素球体の形而上の物理学になります!無気味ですが不確定性理論のむこうがわ。をある程度予言出来るかも知れませんが⁉これは机上ではありません!原理的には可能性があります!光行差は重力場を現した事に気が付く事が大切で新規性があるのです!これを等価原理と気が付くひとはいなかったから4つの力の統合が出来ずに居たわけであります!私は気が付きました!図面上でも明瞭化しました!ミクロからではなくマグロからです!重力の移ろいが幻影であれば何が起因かは時間軸の四次元空間の流転幅を持つ密度の変化が出来る空間場そのものと存在を定義出来る存在であります!エネルギーが即完結した歪みそのものであります!素球体が満ちていると私は考えます!エネルギーは移動を伴い存在を伴い存在がエネルギーですから帳尻合わせに空間そのものを逆に引かせる測定都度のデジタル的な異差が表面積に生じて紙芝居フラッシュを重力と認識している!脳の錯覚ともいえます!バネがエントロピーが拡散して均衡して溶けて行くように存在があると光行差の様に中心に移動していくから空間の膨脹に伴い落ちているように測定される、常にエントロピーは惰性的に均衡する自然な姿であるからである宇宙の全質量が拡散して行くのであるから局所的にムラが出来て過渡的にお互いに質量と言う踏みとどまるっ同時にお互いがお互いを移動させるから抱き合う様に観測される!7/v2e4/1599951d8c3c3370cec55dfc43e6e3a.jpg" border="0">
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Blogger 書きました!ブック... | トップ | 今、考えている事柄 宇宙と愛... »

コメントを投稿