1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム

●Bloggerへ避難します ブックマークに全の場がある•仲 秀明 動画・仲三世 視聴者 様がスポンサーです!

【2016.12月13日】わたくしの独創開発した宇宙だ!本物です!拡張型もある!

2016年12月11日 21時38分45秒 | 1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム
一つ写真絵図を正すと編集出来ず全てべでてしまう!過去記事の写真絵図も逆さまにされているのが目立つ!俺は金じゃねえの‼俺と日本民族に権利があるので、わたくしの逆鱗には触れない様に紙式会社の紙様が代わった点に注意してください!しかし意地の悪い馬カメラだ!あきらかに意図的に逆さまになる!これは日本民族が編み出した最新最先端の新しい学問と有益性ヲ,も予言したアインシュタインの相対論と量子論の素粒子物理学の帰結なのです!秀のやしろ宇宙システム=素球体と云う法則に隠れた厳格な数値に従う実体です!仲 秀明の独創の帰結です!万物の理論の先駆け元祖のほぼ完成したものです、日本民族の財産とわたくしの多分、最高傑作 src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/15/9f/d0913508cd2398188f6b0fd1ad735c1b.jpg" border="0">なお、私は禁煙に挑んでおります!ヤフー恋活にちゃんと述べてあります!隠すもんはあそこだけだ!公然猥褻罪になるからね(^-^)v!体系化させるのに少し待て‼新しい数式を得よう!【13日=重力の解釈が変わるがこの事象が消し去られる訳ではない!無視出来る訳ではないので数式は健在である!電磁波はランダムで測定視点に都度、観測される 進行方向の到達出来るまでの距離がローレンツ短縮する★◎*•正に極限で距離が限り無くゼロに近くなる 真後ろは極限に希薄である が、、想定上 素球体は存在している 拡張型は伸縮拡小する 想定上の理論であるが、その値は恐らく何処かでミクロ マクロを問わず 顕現してくると、更なる予言を示唆する事象が素球体の概念に沿えば大変有益な帰結をもたらすであろう 視点から進行方向の対極点の配置に固定された自由度を持つ 正に原子の概念に酷似している!今言えるのはこれは哲学 物理学 全ての現在の事象と合致しているのが不気味なのである!】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【心を整える癒しの コーラン... | トップ | 追・是非 僕のキーロゴス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL