1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム

●Bloggerへ避難します ブックマークに全の場がある•仲 秀明 動画・仲三世 視聴者 様がスポンサーです!

電磁気学系と幾何学的!方面に焦点ヲ,軽く当てて説きます!

2016年12月24日 17時04分42秒 | 相対量子論と秀のやしろ宇宙システムの軌跡
僕、自身が再確認も兼ねて考察して行きます!2台のロケットのパラドックス、ベルのパラドクスとか宇宙船のパラドクスとか呼ばれてもいます!学者達ですら論争する肝心要の専門分野になります!誤魔化し無し!解らない又は創造宇宙開発理論物理科学者として必要がある要素ヲ,中心に軽く総なめして行きます!宇宙の解明が先ですので体系化と統合化と要素と概念と数値ですツボ学です、私が開発したリアルな、秀のやしろ宇宙システムでスーパーコンピュータにプログラム出来る!数式も逐一波動関数の肝の理解とアインシュタイン方程式もリアルな宇宙モデルで説きます!今宵はもう一つ記事を書く予定です。双子のパラドクスのオリジナル概念図です近似的に直線で遠方から理論上の中立視点で観察している理解です!使い回しの写真絵図ですがご理解を。。ちゃんと精密に検証します、数学的にもリアルな宇宙モデルは僕の一般相対性理論の数式がこのモデルで解けるのです!時間軸を拡張し微分積分ヲ,算出出来ます!僕、自身が学んでいる事を序でに考察致しましょって感じです断言致しますが、ホログラフィー原理でないと宇宙の説明素材は無いんです!もう確実にこの原理の他に万物の理論の説明はありません、このホログラフィー原理に諸説の学術は併せて調合させながら記述すれば生きる道はあります!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●ランキング更新あり22日武士... | トップ | 思い出す。。浜田省吾 『片... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL