bozzo★bozzo★bozzo

沖縄から東京へ!流転の写真日記

ねじ式/石井輝男

2007-11-04 | BOOKS&MOVIES
監督 石井輝男

とうとう11月に入ってしまった。
暦に合わせるかのように
沖縄でもいきなり北風が冷たくなってきた。


11月3日から3週間、
桜坂劇場では石井輝男監督の下記作品を上映する。
●ねじ式
●恐怖奇形人間
●異常性愛記録ハレンチ
●網走番外地~南国の対決~
●地獄
●猛獣VS一寸法師

タイトルからして、カルトな雰囲気がバンバンだが、
中身は見事にエログロ映画。

なにしろ石井監督初体験だったので、
浅野忠信主演の「ねじ式」を手始めに見に行く。

特殊メイクアーティストの原口智生さんが
石井輝男監督の映画を語るトークショーをやっていた。
興味深く聞き入る。
⇒劇場フロントでは、原口さんのつくった芸能人の「生首」が展示。
 その精巧なつくりに、ただただ驚くばかり。

つげ義春のマンガを映画化した1998年の作品「ねじ式」。
オープニングがいきなり清川虹子の大きく開かれた口。
どぎついメイクをした虹子を取り囲む舞踏集団。全員はだか。
全体に赤いフィルターがかけられている。
いきなり石井ワールドである。

主演の浅野忠信が初々しい。
つげ義春と石井ワールド。
無秩序の夢物語を再現したような
脈略のない映像世界がつづく。

展開が連想ゲームのようで、
その都度驚かされる。
原作自体がフロイトの「夢判断」的展開だから、
もともと物語を逸脱するところから始まっているので
女性の本能のような映像世界に翻弄されるのみ。

ホント、見ていて
「女性らしい展開だなあ」と思った。

脈絡や体裁を無視した、本能に赴いた
生理的な映像展開なのである。

エロスもグロテスクも手のひらに載せて
それでいて清純な処女を演じる女性のような
大胆で前後を無視した展開は、
まさに夢のまま。

すっかり石井ワールドの虜となってしまいました。







『映画』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UAライヴ in 東村高江 | TOP | 無題/浅川マキ »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。