bozzo★bozzo★bozzo

沖縄から東京へ!流転の写真日記

【Jun_16】壁は白いほど、小さなシミが気になるものだ。by神里達博

2017-06-16 | Photo-diary
壁は白いほど、小さなシミが気になるものだ。
                      by神里達博


今回成立した「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」
いわゆる『共謀罪法』がどのようなものかを
神里氏はこのコラムでわかりやすく説いているのだけど、

  ↓  ↓  ↓

ボク的にもしっくり来たのは
「壁は白いほど、小さなシミが気になるものだ」というコトバ。
巷にあるグラフィティを想起してもらうと納得だよね。
人間社会って本来カオスなワケで。
様々な価値観を持った奴らが色々いて、
そういった違いをお互い認めていくことで思考も成熟し、
面白いカルチャーが跋扈する(そう、跋扈するのよ)世界になるんだけど、

  ↓  ↓  ↓

安倍政権が目指しているのは、その真逆なワケ。
「白い」社会をより白く漂白することで「見通しの良い」
監視社会にしようってこと。

渋谷にあるこういったグラフィティが真っ白くなることで、
確かに社会から異物はなくなり、管理の行き届いた「キレイ」な街
(最近よくあるでしょ、こういう空間)にってコトだろうけど、
確実に無味乾燥してるよね。

  ↓  ↓  ↓

見るからに鬱蒼としていて、
色んな生き物がうじゃうじゃ跋扈しているような、
想像の域を超えた「わからないもの」「理解できないもの」…
そういうカオス混沌が、今後ますます排斥されていく
そうするとどうなるか。

ボクが好きな紅テントアンチボみたいな
常軌を逸したクリエイティブは生まれなくなる。

つまり、そういう人間はますます生きづらくなるってコトだよ。

  ↓  ↓  ↓


創造性に乏しい、発展性のない社会。
イノベーションなど望むべくもない、
インポテンツな世の中に、なっていくのだ。


クソだね。
『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Jun_15】共謀罪法成立の“茶... | TOP | 【Jun_18】理想なき民主主義... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。