bozzo★bozzo★bozzo

沖縄から東京へ!流転の写真日記

【Nov_01】西川美和監督新作『永い言い訳』

2016-11-02 | BOOKS&MOVIES
西川美和監督新作『永い言い訳

「人生は、他者だ。」

この印象的なフレーズが、終盤のシーンで目に飛び込んでくる。
正直、つかみかねた。
人生が他者?どういうことだ?
もやもやしたまま映画館をあとにした。

そして、片岡義男著『ジャックはここで飲んでいる』の書評に目が止まった。

「人生は、実は自分の外にある。人生は何もかも、
すべて自分の内側にある、と思っている人がじつに多い。
したがってうまく行かない人生が、じつに多い。
人生が自分の内側にあると思うな。」


「つまり人生とは関係の作り方とその維持の仕方にほかならず、
自分を外から観察しようとする意志と行動によってのみ、新たな局面が訪れる。」



『永い言い訳』はまさに、人生を手玉に取っていたタレント小説家が、
自分の内側(内面)ではなく、外側(事故・他者)に翻弄され変容していくさまを
1年の季節を巡ってていねいに描かれた映画だ。

その1年の締め括りとして作家である主人公が行き着いたコトバ、
それが「人生は、他者だ。」というフレーズ。

自分ひとりでは生きられない、他者の存在なしには生き仰せられない…そのことに気づく物語。
中盤、同じく妻を喪った大宮陽一とその息子の間で起こる諍いも、
双方にこの「他者」を気づかせるもの。

考えてみれば、人生は「他」を知ることで「己」を豊かに育むプロセスであると言えるのかもしれない。

写真家上田義彦氏の繊細なメインヴィジュアルが美しい。
全篇16mmのフィルム映像も生々しい質感だ。

そうそう、写真もまた、他者性を多分に含んだ表現。

他者との接触なしに写真は成立し得ない。
世界と対峙し客体化したときに初めて「撮る」行為が屹立するからだ。
つまり、ボクの写真もまた、人生とともに豊かに成り得るということなのかも知れない。

震災後5年を経て結実した西川映画。この到達点は尊い。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Oct_30】effecteTTo『ゼロ... | TOP | 【on_Flickr】ACTOR_10_東谷... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。