bozzo★bozzo★bozzo

沖縄から東京へ!流転の写真日記

【Jun_15】共謀罪法成立の“茶色の朝”に

2017-06-15 | Photo-diary
“茶色の朝”を迎えたくなければ、思考停止をやめることです」 
                            哲学者・高橋哲哉さん
  
   ↓  ↓  ↓
“まるで、街の流れに逆らわないでいさえすれば安心が得られて、
面倒にまきこまれることもなく、生活も簡単になるかのようだった。
茶色に守られた安心、それも悪くない。”


20年前にフランスで刊行されベストセラーとなった『茶色の朝』は、
「茶色以外のペットは処分するように」という法律を皮切りに、
“俺”と友人シャルリーの身の回りで次々に「茶色」以外の存在が認められなくなっていく物語だ。

   ↓  ↓  ↓
従っていればそんなにひどいことにならないだろう、
自分自身が危険にさらされているわけではないという感覚は、
多くの人に共通のものかもしれません。

心のどこかに引っかかるものがあっても、
日常生活に紛れて忘れてしまったり、
煩わしさに口をつぐんでしまったり……。

法律や制度にも、逆らわずにやり過ごしていれば、
とりあえず面倒なことにはならないだろうと。

そんな傾向が確かに私たちの中にもあるのではないでしょうか。

   ↓  ↓  ↓
「最初、彼らは共産主義者を攻撃した。
 私は違うから黙っていた。
 次に社会主義者を攻撃した。
 私は違うから黙っていた。
 次に自由主義者、次にユダヤ人……
 最後は自分も攻撃される側になったが、
 誰も助けてくれなかった」


   ↓  ↓  ↓
 今、日本で起きていることは全て、
多数の有権者が持する内閣の下で行われていることです。
結果は自分たちに跳ね返ってくる。
逆にいえば、今が社会を変えるチャンスかもしれません。
問題が大きくなるほど関心を持つ人も増える。
より多くの人が考えて、参加することが、
社会を変える力になります。
原発も米軍基地も実は自分たちの問題である
ということをどこまで考え続けられるか。
それを私たちは問われているのだと思います。
『政治』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Jan_26】維康柳吉&船場種... | TOP | 【Jun_16】壁は白いほど、小... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Photo-diary

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。