bozzo★bozzo★bozzo

沖縄から東京へ!流転の写真日記

【Mar_20】牛舎につながれたままの牛は3,000頭も餓死したんです!by中洞正

2017-03-20 | Photo-diary
【特別対談】「これ以上、人は自然から離れてもいいのか?」
〜山地酪農家・中洞正 × 東北食べる通信編集長・高橋博之

24時間365日牛を放牧し、日本一高い牛乳で知られる
「なかほら牧場」の中洞さんとの対談は、
自然放牧と牛舎における牛が、
山生活と都会生活の人のようだ…と始まった。


“牛なり・山なり・自然なり”の信念で40年
キレイゴトを言い続けてきた中洞さんのひと言ひと言が痛烈。

しかしその中身は至ってシンプル。

“人間は自然の一部”である、そのことの認識だけ。
だから牛だって牛舎につなげず放牧したほうが良いに決まってる。
それを国はあたかも工業製品のようにつなぎ止め、
穀物を与え続け、搾乳を繰り返し、大量生産の「命の使い捨て」を推進してきた。

近代化とはなんだったのか?

大規模化効率化の果てに到達した現場は、
未来のない現実に直面している。

飼料代に6,000万円もかけ、糞尿処理に億単位の設備投資をし、
ストレスを抱えた牛の対応に神経をすり減らせ
それでも儲からず後継者不足に頭を抱えているではないか!

原発事故による死者はひとりも出なかった…と政府は云う。

「いいですか?牛舎につながれたままの牛は3,000頭も餓死したんです!
餌をくれ、餌をくれ、と同じ方向に頭を向けて死んでいったんです」


近代化によって自然と分断された人間は、
食い物をつくる仕事に穢れを感じ、
恥ずかしいという感覚すら常識になってしまった。

どこまで間違い続ければ済むのだろう。

“人間は自然の一部”であることの、その認識に立ち戻り、
ゼロからこの社会を建て直していく。

「なかほら生き物学校」の【規格外】な生き様に、
オノレの尊厳を貫くことの真っ当さを見た。

シビれました。
『社会』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Mar_18】MOKK活動10周年公... | TOP | 【Mar_27】イシハラヨウコ6... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。