想像力に屁を放て!!

Bow's Lady++お辞儀の夫人++

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神経質だからといって

2005-02-14 12:29:51 | Weblog
繊細なわけじゃなく、
逆に自分の神経に注意を払うあまり、
他人への配慮を欠いた言動に出ることはよくあるし、
それが必ずしも我の強い人というイメージを抱かせないために、
エゴイストとは呼ばれないが、
我の強い人が必ずしも神経質ではないのだから、
エゴイストと神経質は一致しないように感じるけれど、
自己中心的であるという点で両者は同一視して差し支えない。

それは現実と映像がある土地の名を折れ線として
重なり合うのと同じことだ。
あるいは、夢を契機として、
感覚が記憶へと変化するような関係かもしれない。

ところで、名と夢には、はげかけた色彩が纏わりついている。
私は残された色を見て、現実の世界で自分が呼吸しているのを感じるが、
はげた部分を見て、その様々な形に元ある色彩とは
別の変化に富んだ色のあることを空想したりして、
我を忘れることもある。

神経質な人間は一秒たりとも自分の神経を監視することを怠らないから、
私などは全く神経質な人間とは、ほど遠いところにあると思うのだが、
どうやら必死になってペンキの、はげた壁を撫ぜている姿は、
はたから見ると、とても神経質な人間であるかのように映るらしい。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑い声 | トップ | 土地を支配する人とその一族... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メイリ・ゴーラウンド (メイリ)
2005-02-14 14:57:19
こんにちは!

gooのブログ、初めて!!

トラックバックありがとうございました。



私、子どもの頃は超神経質だったんですよ。。。

それが、ある日突然、「あんまり考えないで生きる!!」

って考えが浮かんで来て、現在に至っています。



私の記事の中にある超神経質と思われるおばあさんは

戸棚の中にしまった腕時計を盗られたと思い込み、大騒ぎとなり、現在ヘルパーの利用は中止されています。



何事も、あまり神経過敏になると周りを巻き込んでしまう

のかも知れません。



Unknown (bows)
2005-02-15 01:00:14
多分いろんなところで言われている

ことでしょうが、現代人は誰もが

神経質になりすぎですよねー。



だから、「あんまり考えないで生きる」

というのは、すごく大事なことだなあと

思います。じゃないと、身体を壊して

しまいますし。



自分の身体を労わるためにも、

メイリさんの言葉を心に留めて

おきます。



書き込みありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

Unknown (Dr. Pease)
2005-03-17 22:59:02
トラックバックしていただいたのに、一月ぐらい返事しなかったのには、貴殿の詩的な文章がよくわからなかったというのがあります。

でも、今日、ここに書くのは、私の「とある」掲示板への書き込みを、独善だと言われたことが契機になっています。



人に良かれと思って何かをしてみても、それが必ずしもその人にとって良いかどうかはわからないとはいえ、そのレスポンスから構築していくものが関わりであると思っていました。だから、大したレスポンスもなく独善だと言い切られることに強い抵抗がありました。



メイリさんが言われるように、「あまり考えないで生きる」は、尤もだと思います。わたしの好きな小説の一篇にもそんな言葉があります。が、同じ作家の言葉に「自分が好きでたまらないものがあって…相手に押しつけたい」「この世に対する…feelingだけではダメで、考えがなければならない。」というのがありました。これは小説を書く人へのエールだから一般的ではないです。しかし、どちらにしても、経験や思考に裏打ちされ、人生に覚悟を決めた結果の生き様で、潔いものだと思い、とても清々しい言葉に聞こえます。



ああ、また長くなってしまったし、話題が逸れてますかね…。
Unknown (Unknown)
2005-12-22 19:34:05
神経質の人は、好き好んで神経質になったわけではないと思う。性格遺伝は、あるのでしょうか?。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事