徒然なるままに修羅の旅路

あけましておめでとうございます

【(`Д´)ワージッ! パーパパパパパッパパッパパー】とりあえず三ページまで。

2017年04月05日 00時53分07秒 | 日記・雑記
 Evil Must Die 1から3までの加筆修正が終わりました。

 あんまり登場しない水平二連のショットガン、挽肉製造機ミンチ・メーカーですが、名前の由来はペドゴニアのアレです。ただし斧はついていません。あとSPASがベースでもないです。
 もともとはFFを題材にした二次小説のために設定したもので、セイルディア・グリーンウッドの持ち物でした。ガス圧動作式のオートマティックショットガンをふたつくっつけて水平二連にした構造になっています。弾倉は筒型であるため、正面から見ると筒が四本束ねられている様に見えます。また、通常のショットガンと違ってチューブ・マガジンが銃身の下ではなく上にあります。
 ストックは折りたたみ式ですが、グリップ自体は『ターミネーター』でカイル・リースがやっていた様に固定式ストックの一部を切り詰めソードオフして短縮した様な形状で、ピストルグリップは備えていません。ガンスティンガーをやるのにピストルグリップより都合がいいからです。ストック自体は上から回転させて折りたたむタイプのものです。
 右の銃身は散弾を射出するのに適した滑腔銃身スムースボア、左の銃身はスラッグ弾の命中精度を高めるために旋条ライフリングが切られており、ストックを使用することで狙撃も可能です。アイアンサイトは左の銃身にのみ設けられています。
 なお、射撃の際に薬莢が視界を横切ることになるので、普通のショットガンの様に側面から排莢する構造ではありません。給弾口ローディングポートを上面に備え、排莢口イジェクションポートはレシーヴァー下面に設けられており、上から装弾して真下に落とす構造になっています。

 ……あれ? 違うな。
 詳細に設定詰めたのはFFからですけど、初出はOgreですね。訂正します。

 あまり出番はないけど、結構思い入れのある銃なんですよ。

【業務連絡】
 最近IMEの調子がおかしくなってきました。
 前はぐーるを喰屍鬼と一発変換してたのに、最近は「ぐ」「-」「る」でばらばらに変換しやがります。
 久しぶりに学習情報を削除しないと駄目かな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【祝ベルセルク連載再開】今... | トップ | 【ウサギ飢餓】それだけ食べ... »

コメントを投稿

日記・雑記」カテゴリの最新記事