ぼ~ざん工房
ぼ~ざんのBLOGです。いろいろ体験・書籍等紹介します!

 TOPICS  『ぼ〜ざん工房』は望山(水野敦之)の個人のBLOGです。


「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援—すぐに使えるワークシート用CD‐ROM付
クリエーター情報なし
エンパワメント研究所

 
  【2013年度 自閉症教育・支援フレームワークセミナー予定(随時更新予定)】
  ☆ プロフィール講演・セミナー等の依頼について ☆ RSS readerをご活用ください!

  ※ このBLOG『ぼ〜ざん工房』はリンク・フリーです。
    ご紹介いただき、たくさんの方に読んでいただいたら幸いです。  



自閉症支援の対策として様々な記事によく書かれているのが、

これは○ これは× という提示ですが、、、

ある特定の発達障害の方に有効だと思いますが、

それを理解するのが難しい方っていると思います。

その中で、

周囲の環境、現状が複雑な時に、これやってしまったら、

「我慢しなさい」だけが伝わります。

環境や整備し、生活を具体化することで、

「ここにいていいよ」(本人の場所を確保し、境界を明確にする)

「これは終わり」(例えばフィニッシュボックスを活用する)

「これをやっていいよ」(活動を設定する。見通しを伝える)

そして、これらを習慣化していくことが必要になります

私は、自閉症であっても「これはダメ(NO)」ということを伝えることはできると思います。実際の実践でも伝えてきました。しかし、それは個別の方法で伝え、できるだけ「これOK」という肯定的な情報で伝えます。例えば「ダメ」も「これはおしまい」と「これはやっていい」で伝えます。


【避難所等での自閉症児者支援】はこちらです。緊急時に、そのような余裕がないこともあると思いますができる部分で参考にしてください。

被災地の皆さん、心よりのお見舞い申し上げます。


【BOUZAN profile】【講演依頼等はこちら】

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害 へにほんブログ村


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




« 周囲の人の役... 注目する部分... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。