魚肉と違ってハムはややこしい味がして美味い

2012年09月22日 18時13分08秒 | 日記


パチンコ帰りに買った肉。

「こいつ今週のアタマはパチンコ帰りに米沢牛買っていたのに生ハムって・・・まさか・・・」

とか勘ぐった人・・・その予想、大正解でございます。そんな訳なので先週末とは打って変わって絶賛引きこもり中。
日曜はダーウィンが来た!でコアラ回を放送するので見逃さない様にお部屋に籠城する構えでござい。楽しみだわあん。
しかしながら実家暮らしするようになってからパチンコ打つ時の心構えが随分変わった気がする。心構えというと大げさ
だけれど一人暮らしをしてる時よりも自由に使える時間もお金も少なくなっているので、まずは闇雲に金ブっこむ立ち回り
を真っ先に修正。調度テーブルで管理されてるART機が流行り出してきた事もあり天井狙いや美味しいゲーム数狙いを
徹底してスカったら即流しを繰り返したり、パチの方はデジタルで玉数を確認して余り玉を出ない様にするという決まりを
自分で決めて引き際を作ったりとエコを心がけたおかげで火傷も少なく、たまに事故って爆連なんて事もあったりもしたので
今年の収支は・・・3万円・・・・マイナス・・・。ってマイナスかよ!って突っ込まれそうなんだけども2年前だったら
とっくにマイナス30万とか超えてた事を考えると今年はたったのマイナス3万円で済んでると言った方がいい。そんな
感じなので去年後半からパチやスロを打つ時も楽しくなり、押そうが押すまいが結果は変わらないチャンスボタンも指示に
したがって連打するようになったし以前は馬鹿にしてた流れみたいなものも考えて打つようにもなった。パチなら単純に
ハマリ台のハネっ返り狙いとか初当りポコポコ引いてる台のおこぼれに預かろうとして台を選ぶようにもなったしリーチの
途中に鍵穴押してみたり手で仰いで魚群呼ぼうとしたりとか完全に意味の無いオカルト行為もやるようにもなったから金
入れた時点でもう駄目そうとか考えてた2年前とは大違い。本屋で「勝てる思考のパチンコ・パチスロ術」て本見て内心
鼻で笑ってたのだけど精神的に諦めてるか諦めて無いかだけで大分違う、やっぱ気の持ちようも割かし重要なのだなぁ
・・・なんて思ってたのだけれどそれらのオカルトを駆使して今週1パチと5スロで打ち散らかしたらばなんたるちあ
マイナス3万円。仮に等価で打ってたら今頃マイナス12万円。この台ってどうやったら負けんの?って感じだったパチ
AKBも50%で突入する確変を8連続でスカらせたりとか完全な皺寄せ現象をくらって散々でした。そして決まってその
時は俺の隣に罵声上げたり連チャンしてるのに台パンしてるおじさんがいた訳で・・・気の持ちようだけではやっぱ限界が
あるなと生ハムをつまみながら思ったりしたのでした。



ちなみに安モンの肉の中からなんで生ハムを選んだかと言うと完全にNONAMEがハムハム言ってるのが原因でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安全である事の愉悦 | トップ | 人面獣心であり人智を超えた弱さ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おみやげに (百音フォーラム)
ハンドクリームをもらった。