田じゃなくて・・・多ね・・・

2015年11月03日 00時02分01秒 | いたづら描き
この間のまつやさんとのオフレポで描いたロゴスの落書き。
自分の描いたもんはこっちでもあげといてくれと言われたので
アップしておきますが原寸大は大き過ぎるしオフレポの主役は
俺では無いのでこの間のオフの詳細とまつやさんが描いた分の
落書きは彼の書いたオフレポ(その1その2)を見て下さいな。

落書きのUPの他にレポートの補足というか俺視点で見たレポも
同時にネタ振りをされたので、そちらは後日まとめて書く予定です。



ネタ振りとオチがいしいひさいちの様だと言われた波多野議員漫画。
真っ当な目線で見ると7話はお話としてもかなり酷い部類に入るけども
意図の見えない演出や意図せぬ天丼等じわじわ笑えてくるシーンが多く
結構好きだったりして。その7話の中で描かれる波多野議員が炎上する
くだりはロゴスで五指に入る名シーンだと思う。「助けてくれよ~!」



どもり解消をキモに描かなければいけないのにステレオタイプのドモリとして
キャラを立たせられ三角関係からいつの間にかフェードアウトし巨乳の無駄さ
加減もショウコちゃんの方が目立ち始まてしまった不憫過ぎる心音ちゃん・・・。
せめてEDぐらいは据え置きでも良かったのでは・・・。



無駄な所ばかりのロゴスの中にあって数少ない意味の有る無駄の持ち主。
有能だしね。というかケントと彼女がいれば指令いらないんじゃないかな。
ここまで来るともうわざと指令を無能に描いているとしか思えないんだけど
・・・ふん、そういう反応が来る事も想定済みなのだろう?佐藤英一・・・。



お札貼る=少しだまらっしゃいと暗に落としたネタなのだけどこうやって
自分でネタの解説をしなければならない辺り完全に失敗作だと思います。



田じゃなくて多だっつーの!とかどでもいいツッコミは置いといて
自分の地力の無さがモロに出た絵なので少し恥ずかしかったりする。
線のガビガビさもそうだけど幼児体型をちゃんと描けていない所が
心残りだ。幼児体型に見せる拘りはロゴスの数少ない真っ当に良い
所のひとつだというのによぉ~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちなみに画像は元巨人ドラ1... | トップ | パンツチェックしてるのが生... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おひさです (いのし課長)
2015-11-03 14:16:49
どもども。
来年発売予定の家庭版ギルティを心待ちにしているいのしんです。
自分の医者が未だに勝ててるのは、あの頃にぼやさんやPOPO達と戦ってたおかげな訳で。
あの頃にもう少しボコボコにされてたらちゃんとドリキャンとか覚えてたかもしれない。

ところで声優の松来さんがお亡くなりになって、喪失感がやばい感じです。
38歳という若さで旅立たれた事への衝撃と、もうあの柔らかいお声が聞けないのは何よりも残念。
病名は不明といえど、我々も健康には気を付けたいものです。
Unknown (ぼや)
2015-11-03 23:15:13
もう今のバージョンの家庭用出んの?かと思ったら来年か。
PS3じゃ今のバージョン処理落ちしまくりなんじゃないかと言ってる人いたけどその頃には
PS4値下げされてそうだし一緒に買う人も多そうな。俺はもう過去の知識流用してたまに
対戦動画を見てるああだこうだ言うだけの身分だけどそんな俺が現在の環境を見た限りでも
あの昔のスタイルのままでも通用しそうだから、まぁ新作の家庭用出ても対戦頑張って。

まつらいさんに関してははっきり言うと独身ネタでいじられる人ってぐらいの認識しかなく
一つ二つ演じてるキャラを知ってるぐらいなので俺個人としては喪失感を共有できないけど
そのテの訃報聞いた時の茫然自失とした感覚は解るし昨晩からネットでやんや騒がれてるから
好きだった人にはかなりショッキングなニュースだったんだろうなとはおおよそ読めるかな。

ここ半年ぐらい振り返っても有名人が急逝したり実質死亡宣告されてるのと同じニュースを
結構な頻度で聞くなぁ。年齢的にもイメージ的にも元気そうな人が。北斗とか千代の富士とか。
世知辛い話ではあるけど保険の話を最近していつまでも元気でいられる訳ではないなと痛感した
ばっかだったからそういう意味では俺にとってタイムリーなニュースだったんではないかと思う。

あ、それとお久しぶり。
俺がブログに書く話題には興味ないだろうからギルティ家庭用出た時にでもまた報告においで。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL