傾斜林のカワセミ

見沼田圃のカワセミ 2011 年度版です。総集編を作成しています。「桜回廊のカワセミ」もご覧ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パートナー

2012-02-02 07:21:10 | 総集編

ツガイとして観察されたオス以外にメスの方からすりよっている光景だった。

6/20 撮影では、若いオスの方からすり寄っていた。メスが拒否しないので、ここまで接近した。



6/21 撮影では、若いオスが少しずつ枝の端に移動し、メスが少しずつすり寄っていた。



これ以降、もとのオスとの交尾を拒否するようになった。結局、双方の給餌を受けていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交尾.左側面

2012-02-01 10:33:11 | 総集編

カワセミの交尾で完全に成功したケースは少なかった。タイミングが合わなかったり、メスから拒絶されたりする。

6/21 真横から撮影できた。



6/27 メスが拒絶するケースである。メスが背中をのけぞらせる態勢に入っている。



交尾は芝川の川岸で行っているのはほぼ確実である。交尾は繁殖のカギとなるので、刺激しないように撮影する心得が必要である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交尾.上方面

2012-02-01 10:30:59 | 総集編

めずらしい角度から撮影したものである。

6/19 背後から撮影できたのは、この時だけだった。



6/20 ほぼ成功したケースである。メスの頭部を押さえ込んでマウントしている。



距離は 50メートルほどあるので、透明感と解像感は期待できない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交尾.右側面

2012-02-01 10:21:55 | 総集編

撮影当時は落選となったものである。

6/19 メスの嘴には茶色い土が付着していた。



6/26 この時もメスが拒否していた。



偶然だろうが、右側面から撮影したものが落選となっていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親子

2012-02-01 09:15:46 | 総集編

卒業した幼鳥が親のところに時々戻ってくる。

7/24 メス親のもとにオスの幼鳥がきた。



8/23 オス親のもとにメスの幼鳥がやってきた。



この時期はメス親の姿を見かけることが少なく、もう少し後で頻繁に見かけるようになる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加