風のたよりのブログ

日々にスポットを当て綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五目豆とお知らせ

2014年01月26日 | Weblog
もうすぐ節分ですが、「福は内!、鬼は外!」と、福豆を撒いて、年齢の数だけ豆を食べて厄除けを行いますが、我が家では撒くのは勿体ないので(笑)具を多めにし五目豆を作りました。


だんな様が好きなお豆さん。これで暫くの間は大丈夫♪








今日は突然ですがお知らせがあります。

暫くこのブログをお休みさせて戴きます。

これまで沢山のコメント、閲覧本当にありがとうございました m(__)m 

こんな私がこれまで続けてこられたのも皆さんのお蔭です。

また再びお会い出来るまで・・・・言葉にならないほど・・・・





コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

お団子

2014年01月25日 | 水彩画
和菓子の代表的なお菓子のお団子です。


>みたらし団子(みたらしだんご、御手洗団子)は、京都市左京区下鴨の下鴨神社が行う『御手洗祭り』を語源とする、砂糖醤油の葛餡をかけた串団子(焼き団子)である。

醤油だれ団子、あるいは、焼き団子ともいう。単にみたらしとも言い、丁寧語ではおみたという。甘辛いみたらし団子を指して醤油だんごと言う地域も多い。










ハガキサイズ       顔彩      2013.12月




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

簡単クリームパスタ

2014年01月24日 | 美味しいもの
年末にある所で1缶100円のキャンベルの缶詰を5個も大人買いした私は小躍りして喜んだものの家に帰ってどれだけお徳なのか調べてみました プッ^m^

すると、なぁ〜んだ、ネット販売だとどこも157円〜170円くらいで販売してるのね。
もっともっとお徳だったのかと思い込んでいましたが・・・・ヨクバリ^m^

ま、そんな話はさておき缶詰を利用してキャンベルさんのお薦めのレシピを参考にクリームパスタを作ってみました。


クリームマッシュルーム缶で作れる
クリームパスタです


キャンベルのHPの画像をお借りしました




どうしても鮭の鮮やかな色とホウレン草のグリーン、クリームの白のパスタを作ってみたくて♪

但し、HPではフェトチーネですがペンネを使用






レシピ通りに拵えましたがそれに、塩・胡椒と生クリーム100cc加えました。



先日、久し振りにご来店いただいた宇助坊さん。
こんなに重たい菰被りのお酒を遠くご自宅からお持ち戴きました(^ー^* )フフ♪









こいつぁ春から縁起がいいわえ プッ^m^




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白菜のサラダ

2014年01月23日 | 美味しいもの
鍋物用に白菜1束買うのはいいけど我が家ではどうしても余り気味になってしまう。

加熱し嵩を減らす方が食べ易く余ったときはサバ缶と煮付けたりしていますがこんな嬉しいレシピを発見!

早速真似て作ってみました。





こちらを参考にいたしました:白菜が丸ごと食べたくなる♪簡単サラダ♪


つくれぽ10000件超えるのも納得。

お砂糖も加えて何だかホッとする味です。これじゃ箸も止まりませーん。

白菜が残ってたら是非お試しを。


そして、こんな時超便利なのが シリコンの水切り ですがとっても重宝しています♪




意外と人気なのが(笑)自家製味醂干しですが、甘さが調整できるので喜ばれるのでしょう。

今回も超ミニミニサイズです。下拵え本当にご苦労様でしたと言いたい1品です。





口にすると人気のほどが分かります。



どうやら新鮮なミニサイズの鯵を見つけたらスルー出来ない性質らしい プッ^m^


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

あべかわ餅

2014年01月22日 | 美味しいもの
今日はあべかわ餅です。

お正月用に買った黴の生えないお餅ですがやはりお餅といえばこの季節がピッタリ!

安倍川餅といえば東海道中膝栗毛で振り分け荷物でお馴染みの弥次さん喜多さんも食べたということですが・・・・?

どうしても時代劇を想像してしまいます。





ま、作り方は至って簡単ですが年に一度は口にしておかないと始まりません。

【材料】1人分

餅2個
きな粉       大さじ2
砂糖        大さじ1
塩         一つまみ



予めきな粉、砂糖、塩を混ぜておく。
こんがり焼いたお持ちを熱湯に潜らせる。
きな粉をたっぷり塗して出来上がりです♪



「う〜ん、日本茶はやっぱり美味しいよのお〜。」


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

もやしあんかけ

2014年01月21日 | 美味しいもの
もやし人気が年々高まっている。何より我が家の強ーい味方!

値段が安いもやしはもともと不況に強い!
その分手間隙かけて主菜となる一品に致しました。

もやしは昔ながらの細めが好みですが生憎この日はなかったので普通のサイズのもやしを使用。

1袋29円也♪

もやし・木耳・ニラを塩・胡椒で炒める





卵3個を溶いて大まかに炒めてもやしの上に載せる



中華あんをかけて戴きます♪





中華あん:
   ポン酢     大さじ3
   砂糖      大さじ2
   中華だし    小さじ2
   水       100cc
   片栗粉     大さじ1


この中華あんは他にも多用出来ますね。



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

牡蠣のベーコン巻き

2014年01月20日 | 美味しいもの
プリプリの牡蠣とカリカリベーコンが美味!

新年を迎えて正月気分でいると、うっかり牡蠣の存在を忘れることがあります。
好きな牡蠣料理のなかでも“牡蠣のベーコン巻き”はワインとの相性もバッチリ。

食パンを薄くスライスしオーブンでトーストしパンと一緒に口に運ぶだけ♪





【作り方】
    
_顔擇亙匏粉を塗してもみ、流水で洗い流して汚れを落とす。

▲戞璽灰鵑枠省の長さに切っておく。

J騰したお湯で牡蠣をサッと茹でる。(身がちょっと締まればOK!火を通しすぎないように注意)

げ顔擇鳳こしょうし、ベーコンを巻いて爪楊枝で止める。

ゥリーブオイルを熱したフライパンでベーコンで巻いた牡蠣を焼く。
ベーコンにしっかり焼き色がつけばできあがり。

好みの大きさにカットした食パンをこんがり焼く

Г修両紊望討い燭戞璽灰鶸き牡蠣を載せたら完成です。



んまっ!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アップルケーキ

2014年01月19日 | 美味しいもの
林檎のケーキは年間通してやはり一番作る回数が多いが飽きない美味しさです。

今回はシロップ煮にせず薄くスライスした林檎と中にはいちょう切りした林檎もふんだんに混ぜ込み焼きます。

プレゼントにもgood♪

平野レミさんのレシピ




シナモンもたっぷり 近づいてみると




一部をカット




【材料】直径20cmのスポンジ型1台分
薄力粉        カップ1・1/2カップ
シナモン       小さじ1・1/2
バター        100g
りんご        1個
レモン汁       大さじ1
卵          3個
グラニュー糖     カップ1
バニラエッセンス   少々





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

握りー煮蛤

2014年01月18日 | 水彩画
煮蛤・・・通称煮ハマ(ニハマ)と言い、煮ハマと煮貝(アワビ)は、江戸前の粋であると言いたいネタでもあり寿司好きの憧れでもあります。


小肌、穴子、車子と同様に、江戸前寿司の代表的なネタ。
本来、江戸前寿司とは、しっかり仕事をしてあるネタを使ってあることが条件の一つであります。

まず、蛤の殻を外していき、菜箸を蛤の水管に刺していきます。

水管の中に汚れが溜まっているからです。そのままよく水洗いし、沸騰したお湯で1分位茹でます。
それを冷水に取り、ザルにあげ、一つひとつ開いていきます。
そして、蛤の汁に水、酒、味醂、砂糖でタレを作り、その中に観音開きに開いた蛤を浸け込みます。
一晩置いて、蛤をあげて出来上がり。

握って、煮つめをつけて食べると、これが、なんとも美味しいのです!







噛み締めて戴くと、蛤の得もいえないお味が口いっぱいに広がります。う〜ん、口福とはこのことです♪






ハガキサイズ       顔彩      2014.1月





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天然ぶりの塩麹漬け

2014年01月17日 | 美味しいもの
この時期脂がのってお薦めなのがやはり“寒ブリ”です。

京都で富山からわざわざ車に乗って販売しに来ていた人から初めて本場の“天然寒ぶり”を買い、口にした時の感動は今でも忘れられないほどです。

そう、天然ブリは脂が甘くてクセがなくギトギトしてません。


只今お店では好評の“鰤のしゃぶしゃぶ”を供してますが、お客様も毎年首を長くしてお待ちかね。


そのままお刺身で食しても美味しい鰤ですが適当な大きさに切って塩麹に漬けること3日間。

今回は塩麹を洗い落として水気を切りそのまま焼いてみました。





う〜ん、美味しくて呻ってしまいますが、こんな時塩麹は威力を遺憾なく発揮します!




鰤に相性の良い大根ですが“鰤大根”は冬のご馳走ですね。

今日は鰤大根ではなく大根の甘酢漬けにいたしました プッ^m^

1本の大根を買うと二人では多いので、半分を拍子木に切って1日半天日干し



3%の塩に漬ける 馴染まない塩を洗い落とし、甘酢+柚子の搾り汁+柚子の皮+鷹のつめ





これで明日以降から食べれるね。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加