ボッチで登山

一人でも楽しく山登り

笠取山 2017.10

2017年10月01日 | 日記
奥秩父にある笠取山に行ってきました

埼玉県秩父市と山梨県甲州市の境にある標高1,953mの山

作業平口から一休坂に行き、
ミズナラ林の急坂を登り(下山向きと書かれているのにわざわざハードに登る
笠取小屋から笠取山、水干を見て黒エンジュを下るコース


クマ出たら困ります


緑が多く歩きやすい道が続きます


あえて急登(笑)


緑も良いけど、紅葉したらキレイそう


沢沿いを歩き、途中何度か橋を渡りました。


それなりにツラかったけど、思ったほど急坂ではなく笠取小屋到着


広場になっているので休憩
以前登った大菩薩嶺が見えます




分水嶺(山梨県山梨市・甲州市、埼玉県秩父市の境目に位置)があり、ここから山梨市側は笛吹川(富士川の支流)、秩父市側は荒川、甲州市側は多摩川へと別れている。
(ウィキより)








目指す笠取山が見えました


まだ新しい道標


一直線な登りですよー
しかもかなり急
登れるのか


途中、秋の訪れを感じる


20分ほどハアハア登り山頂


来た道を振り返ると、やっぱり最後はかなりの急登だわ


雲の合間にMt.FUJIが見える
大菩薩嶺も見える


Mt.FUJI


実はさっきの場所は正式な山頂ではなく、
そこからさらに岩場を10分ほど歩くと1,953mの山頂です


ダイモンジソウ


水干(みずひ)
多摩川の水源


ポタポタ水が垂れているかと思ったけど、見られなかった


「多摩川の最初の流れが見られます」と書かれていたらしいので
さらに坂を下っていきます


水が湧き出ていました
この水が大きな多摩川になっていくのね


赤く色づいている木と大菩薩嶺


黒槐(エンジュ)を下ります
ふかふか歩きやすい道でした


駐車場に戻り水流を眺めると
最初の湧き出ていた水が、もうこんな水量に増えているんだと
自然ってスゴイなぁと改めて感動


6時間ほど歩きました。
木々だけではなく水にも触れ合えました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加