いつまでもぼちぼち

食べ物とか読書録です
アフィリエイト広告が有ります
「ORKの口伝」はフィクションです
実在する全てと無関係です

読書録「夢街道アジア」

2016年10月19日 04時21分20秒 | Weblog
読書録「夢街道アジア」3

著者 日比野宏
出版 講談社

p48より引用
“もし自分が日本のメディアに載ってしまっ
たら、日本では笑い者になるだけだ。だが、
こんな状況下のカンボジアに来た自分が悪い
のだから、どんな結果になっても仕方がな
い。”

目次から抜粋引用
“トレンサップの黒い雲
 僕はいつもハングリー
 泥の国
 峠を越えて
 アナベルのシロイコナ”

 写真家である著者による、アジア各国を
巡った紀行文。
 カンボジアから上海まで、自身の手による
写真を添えて描かれています。

 上記の引用は、内戦中のカンボジア滞在で
の一節。90年代中頃のことのようですが、
80年代の内戦時代に逆戻りのようだと、本文
中で語られています。
この著者に限らず、危険であるとわかってい
るからこそ、そこの状況を見に行く人がよく
います。言った本人がこのように思っていた
としても、国は国民を助けなければと動かざ
るを得ないでしょうから、気をつけた方がい
いでしょうね。
 90年代のアジア各国の、普通に暮らす人達
の様子が描かれていますので、アジア旅行に
行く前に読めば、その旅がまた違った印象に
なるかもしれません。

ーーーーー

『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月17日(月)のつぶやき | トップ | 10月18日(火)のつぶやき »

あわせて読む