いつまでもぼちぼち

食べ物とか読書録です
アフィリエイト広告が有ります
「ORKの口伝」はフィクションです
実在する全てと無関係です

読書録「ロマの血脈(上)」

2017年07月12日 20時19分40秒 | Weblog
読書録「ロマの血脈(上)」3

著者 ジェームズ・ロリンズ
訳 桑田健
出版 竹書房文庫

p231より引用
“「人間の脳波電気信号の集まりで、新しい
信号への適応能力もあるため、機械へと接続
することが可能だ。ある意味、人間は生まれ
ながらにして完璧なサイボーグであるとも言
えるな」”

 機密部隊・シグマフォースの活躍を描いた、
長編アクション小説。シリーズ第4弾上巻。
 憂鬱な用事のはしごの途中、ホームレスに
近づかれた主人公・グレイ。施しの気持ちを
渡そうとしたところ、反対に手のひらに硬貨
を乗せられ…。

 上記の引用は、人の脳と機械について書か
れた話でのシグマの学者の言葉。
人間が元々サイボーグであるとの解釈が一般
的になったら、その次は、ロボットが人種の
内の一つとして認められる日がくるのかもし
れませんね。まだまだ遠い未来のことで、私
が生きているうちに実現することはなさそう
ですが。
 人の持つ超常の能力と科学との関わりが書
かれていて、少々オカルトな感が強い気がし
ます。しかしそのうち、そういった超常の能
力も、科学的に再現されるのではないだろう
か、と期待してしまう書かれ方です。

ーーーーー

『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月11日(火)のつぶやき | トップ | 7月12日(水)のつぶやき »

Weblog」カテゴリの最新記事