いつまでもぼちぼち

食べ物とか読書録です
アフィリエイト広告が有ります
「ORKの口伝」はフィクションです
実在する全てと無関係です

読書録「ロマの血脈(下)」

2017年07月14日 19時19分25秒 | Weblog
読書録「ロマの血脈(下)」4

著者 ジェームズ・ロリンズ
訳 桑田健
出版 竹書房文庫

p62より引用
“この男は自分が世の中のために必要なこと
をしていると強く信じており、間違った行い
は何一つしていないと確信している。相手の
意見を聞き入れようとしない、狂信的なまで
の信念だ。”

 機密部隊・シグマフォースの活躍を描いた、
長編アクション小説。シリーズ第四弾下巻。
 亡くなった科学者の同僚と合流し、インド
北部へと向かったシグマメンバー。彼の研究
の足跡を追いかけた先にあったのは…。

 上記の引用は、米国の情報局部局長につい
ての一節。自信を持つのは大切かもしれませ
んが、周囲が困るほどとなると問題ですね。
そういう人には、どんな細かな雑用でも、全
て一人でしてもらうようにすれば良いのでは
ないでしょうか。
 巻末の事実解説を読んでいると、取材にも
しっかりと金を掛けていそうだなと思われま
す。
 解決しきれないかもしれない問題ばかりが
増えるのならば、もう少し落ち着いて考えた
方がいいかもしれないなと思わせる話です。

ーーーーー

『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月13日(木)のつぶやき | トップ | 7月14日(金)のつぶやき »

Weblog」カテゴリの最新記事