”気ままな…ホルン道楽”

話題はホルンが中心ですが…ふと感じたことや空想話も綴ります

ヘリオスって、どんなイメージ?

2016-10-15 16:57:49 | ホルンあれこれ
Helios(ヘリオス)…と聞いて、最初に思い浮かぶのは、原子番号2。。ヘリウム
理系だったから?
スイ・ヘー・リー・べーぼくのふね…
どんな経緯でヘリウム原子が太陽に因んで命名されたのか…とか、どんな物性、性質なのかは、ご興味あればWikipedia(ウィキペディア)をご覧ください。。

それにしても、高電圧をかけると紫色に発光するヘリウムのスペクトルは、シンゴジラのレーザービームそのもの?…みたい(^.^)


だいぶ脱線しましたが、、ヘリオス序曲は12月にオケで演奏するのです。


この「ニールセンのヘリオス序曲」ついては、実は何も調べていませんでした。
漠然と太陽をイメージしているのかなぁ〜くらいでした。

言い訳みたいですが、
あらかじめあれこれ予備知識を入れるより、先入観を持たずにしばらくは感じたままに吹いて、あとで知識を加えた方がいいという主義なのです。

自分の曲に対するイメージが当たっているかどうかは、結構興味がありますよね。

そろそろ本腰を入れて個人練習に入りますので、あれこれ調べて見ました。

まずは、下調べ。
Wikipediaから引用してポイントをまとめて見ますね


序曲《ヘリオス》は、カール・ニールセンが1903年に作曲した演奏会用序曲で管弦楽曲の中での代表作のひとつ。
この曲はニールセンがギリシャに旅行したときに、エーゲ海の日の出に感激して書かれたと言われ、日が昇って輝き、やがて沈んでいくまでの様子が巧妙に描かれている…とあります。

ふむふむ…
さらに、Wikipediaをそのまま引用すると、『まずチェロとコントラバスのドとソの和音に乗って、ホルンが対位的に旋律を吹く。 やがて、楽器も加わり盛り上がりを見せて一旦静まるが、フガート的に展開したりして二度目の盛り上がりを見せる。 その後急速に静まり、最後はまた冒頭のようにもどって尾を引くようなチェロのC線の開放弦で終わる。』
なるほど的確で簡潔な説明ですね。


ここで先日の合宿練習を思い起こします。

確かに、オケ練習での音合わせでも…冒頭の4本ホルンは、日の出をイメージして吹いてました。光輝き屈折しながらあちらこちらを照らし出しながら、次第に地平線から日が昇る感じですね。

まぁ、これは、いい線いってました。

………が、………ということは…最後あたりの1stホルンのちょい長めのソロ。途中から3rdとハモりますけど、、これは日の入りでしたね〜。

あはは〜

まったく何も考えてませんでした。

なんだか物寂しいなぁ〜って、感じたままに吹いてましたね。

途中からの3rdとのハモりは、、、
また明日も会えるよねって、安堵の約束、ゆびきりげんまん…って感じなのかもしれないね。

そんな自己解釈で、しばらくさらってみることにしましょう。

youtubeからちょい良さそうなヘリオス序曲にリンクをはってみました。

HELIOS ouverture - Carl Nielsen - Copenhagen Phil.Orch.
ご興味あれば聴いてみてくださいませ。
♪( ´▽`)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の秋空、さわやかです! | トップ | ヘリオス妄想(イメージづくり) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。