goo

カザグルマ・2~開花

 テレビ時代劇の “水戸黄門” が放送終了になって6年になるが、今年10月からBSで復活することになった。そもそもテレビでは昭和44年(1969年)に、東野英治郎さんの初代黄門様で始まり、その後、西村晃さん、佐野浅夫さん、石坂浩二さん、里見浩太朗さんと続いた。新しい黄門様は、武田鉄矢さんとのことだが、お供の助さん、格さんは誰が演じるのだろう。また脇を固める “風車の弥七” “うっかり八兵衛” “霞のお新” “かげろうお銀” “柘植の飛猿” などの面々は、新作にも登場するのだろうか。楽しみではある。
 写真はキンポウゲ科センニンソウ属の「カザグルマ(風車)」。花径は15センチほどで、花弁のように見えるものは萼片。カザグルマの萼片は通常は8枚だが、近縁のテッセン(鉄仙)は中国に自生する品種で萼片は6枚になる。

♪♪人生 楽ありゃ苦もあるさ
  涙のあとには 虹も出る
  歩いてゆくんだ しっかりと
  自分の道を ふみしめて
  人生 勇気が必要だ
  くじけりゃ 誰かが先に行く
  あとから来たのに 追い越され
  泣くのがいやなら さあ歩け
(『ああ人生に涙あり』
作詞:山上路夫 作曲:木下忠司 昭和44年)
(JASRAC許諾第J170122988号)
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )
« ブドウヒヤシンス クロバナロウバイ »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Bell3)
2017-05-16 22:12:31
カザグルマ、大好きな花の一つです。
貴重な花ですので、末永く咲き続けてほしいですね。
今年は私もまだ見ていませんので、近いうちに見に行ってきます。
 
 
 
Bell3様 (多摩NTの住人)
2017-05-17 07:10:39
コメント有り難うございます。キンポウゲ科の花は魅力的ですね。そちらでも是非ご覧下さい。
 
 
 
カザグルマ (とんちゃん)
2017-05-17 07:54:34
カザグルマっていうんですね
テッセンとの違いなど全く知らなくて・・・
もしも似ているような花を見たらまず萼片の数に気を付けて!
「水戸黄門」 復活するんですか
お決まりのことで分かり切っているのに・・・それがいいんですね
 
 
 
Unknown (フクジイ)
2017-05-17 08:25:41
多摩NTの住人さん
おはようございます
この花は、大きくて綺麗ですね
カザグルマとテッセンとの違いも分からず見ていましたが
これで、明確に区別できそうです
「水戸黄門」復活ですか、楽しみにしています
今、BS-TBSで再放送もされていますね
 
 
 
とんちゃん様 (多摩NTの住人)
2017-05-17 17:25:17
コメント有り難うございます。これらは皆クレマチスと呼ばれることもありますね。歳を取ると水戸黄門のような単純明快な勧善懲悪ものが見易いです。
 
 
 
フクジイ様 (多摩NTの住人)
2017-05-17 17:31:27
コメント有り難うございます。クレマチスの仲間は私も詳しくありません。園芸品種が多いので難しいですね。水戸黄門は子供の頃からずっと見ていました。
 
 
 
Unknown (guitarbird)
2017-05-18 10:44:31
こんにちわ
これはテッセンかなと思ったら違うのですね、知りませんでした。
向かいの家で咲くのも今年は花弁の数を数えて確認してみます。

「水戸黄門」は西村晃さんの時によく観ていたせいで私にはやっぱり黄門様といえば西村晃さんです。
 
 
 
guitarbird様 (多摩NTの住人)
2017-05-26 14:08:55
コメント有り難うございます。クレマチスの仲間は園芸品種も多いですが、カザグルマの萼片は8枚でテッセンは6枚とのことです。私は東野英治郎さんの水戸黄門も長く見ていました。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。