goo

ジュウニキランソウ

 シソ科キランソウ属の「ジュウニキランソウ(十二金瘡小草)」。 “地獄の釜の蓋” と呼ばれるキランソウ(金瘡小草)と、ジュウニヒトエ(十二単)の種間雑種。両種が混在しているような場所では出現することが多い。個体によってはキランソウの特徴が強いものとジュウニヒトエの特徴が強いものがある。写真のものは花の色はジュウニヒトエに近く、立ち上がり方は小さくキランソウに近い。
コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )
« イカリソウ ミツバアケビ »
 
コメント
 
 
 
Unknown (平家蟹)
2017-04-20 18:22:40
この仲間は花自体はどれもそっくりなので厄介ですね。
しかも両者の中間じゃなく母親寄り父親寄り(どっちが父でどっちが母かわからないけど)のがあるとなるとますます厄介ですね。
しかしこの名前雑種としては分かりやすい名前だけどそのまんまですね。
 
 
 
ジュウニキランソウなんて、できるんですね (ディック)
2017-04-20 18:26:25
ははあ、YAKUMAさんのところでコメントされていたのはこれですか。
なるほどねぇ、ちょっとだけ立ち上がって、色が薄め。
自然交雑でこうなりますか、おもしろい!
 
 
 
こんばんは (緑の惑星人)
2017-04-20 20:00:36
自然の掛け合わせでしょうか。珍しいのがあるのですね。
確かに花は元々似ていますが。
他にも、こういう自然交配種ってあるんですかね。
今年、ジュウニヒトエとキランソウは見ましたが、これは見たかな?
 
 
 
ジュウニキランソウ? (granma)
2017-04-20 20:01:03
こんばんは。
「ジュウニキランソウ」という種類があるのですね。
「ジュウニヒトエ」(十二単衣)か「オニキランソウ」(鬼金瘡小草)か特定できなかったとしてブログに載せた写真の花だったのかもしれません。
種間雑種という言葉を初めてしりました。
今年は例年になく薬科大ではキランソウが多く咲いていてちょっとびっくりしました。
 
 
 
ジュウニキランソウ (かえで☆)
2017-04-20 21:09:26
おぉ、w(*'▽'*)w
ジュウニキランソウなる物があるんですか!
初めて知りました。 
種間雑種ねぇ… 成る程あり得る話ですね。
個体によっては、どちらかの特徴が強く出る。
両種が混在するような場所では注意しないと
いけないですね~とても参考になりました。
 
 
 
Unknown (YAKUMA)
2017-04-20 22:55:21
これがジュウニキランソウですか。
花の様子はキランソウと感じが違いますね。
実物を見てみたいです。
教えていただきありがとうございます。
 
 
 
平家蟹様 (多摩NTの住人)
2017-04-21 07:27:45
コメント有り難うございます。この仲間は花の形は同じですね。できればまた違うタイプのジュウニキランソウを見つけたいと思っています。
 
 
 
ディック様 (多摩NTの住人)
2017-04-21 07:29:29
コメント有り難うございます。意識していないと、「ああキランソウか」と思って通り過ぎてしまいます。そちらにもあるかも知れませんね。
 
 
 
緑の惑星人様 (多摩NTの住人)
2017-04-21 07:34:09
コメント有り難うございます。この花があることは知っていましたが撮ったのは初めてでした。長池公園ながいけの道で見られます。
 
 
 
granma様 (多摩NTの住人)
2017-04-21 07:36:19
コメント有り難うございます。オニキランソウは見たことがありませんでした。東薬大ではキランソウがたくさん見られますね。
 
 
 
かえで☆様 (多摩NTの住人)
2017-04-21 07:37:35
コメント有り難うございます。どちらかの性質が強く出ていろいろなタイプがあるようです。もう少し探してみます。
 
 
 
YAKUMA様 (多摩NTの住人)
2017-04-21 07:39:03
コメント有り難うございます。知らないとキランソウやジュウニヒトエだと思って通り過ぎてしまいますね。そちらでも探してみて下さい。
 
 
 
面白いですね (とんちゃん)
2017-04-21 07:59:44
ジュウニキランソウ そんなのもあるんですね
花色 立ち上がり具合
両方取り合わせた形なんですね
どっちかの力の作用で決まる!
見つければ色々ありそうですね
 
 
 
ジュウニキランソウ ()
2017-04-21 08:01:10
数年前になりますが、ジュウニヒトエと教えてもらった株が、何か違和感を覚えたことがありましたが、これだったのかな~
今回の記事を見るまで、そんな雑種が存在するとは知りませんでした。
 
 
 
とんちゃん様 (多摩NTの住人)
2017-04-21 08:13:20
コメント有り難うございます。どちらかの性質の出方はいろいろあるようです。また違ったタイプも見つけたいと思っています。
 
 
 
楽様 (多摩NTの住人)
2017-04-21 08:14:28
コメント有り難うございます。以前、ご覧になられたのは何だったのでしょうかね。また出会えると良いですね。
 
 
 
いつもありがとうございます。 (キナコまま)
2017-04-21 10:43:42
私は 山や野の植物が好きです。
どうしてか わかりませんが。
ジーッと観察してしまうのです。
こちらのブログで 名前がわかり
本当に嬉しいです。
ひとつひとつ 興味が知識に変わるのを
喜んでいます。
ありがとうございます。
 
 
 
キナコまま様 (多摩NTの住人)
2017-04-21 14:06:42
コメント有り難うございます。私も山野草や花木が好きですが、初めは全く名前を知らなかったため、それを覚えるためにこのブログを始めました。この界隈の植物がほとんどで現在1,400種類ほどになりました。
 
 
 
Unknown (とんとん)
2017-04-22 21:52:26
ジュウニキランソウ、初めて知りました。
タチキランソウと言うのもあって、どれも地面近くに咲くので、見るのも判別も難儀しそうです。
 
 
 
とんとん様 (多摩NTの住人)
2017-04-23 12:06:42
コメント有り難うございます。タチキランソウはまだ未確認ですが、上唇の形がポイントのようですね。一度見てみたいです。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。