goo

ガンクビソウ・2~果実

 小山内裏公園の鮎道で見つけた「ガンクビソウ(雁首草)」。果実は開いた状態で直径は2センチほど。そこに長さ4ミリほどの痩果が密生している。痩果には粘液があり触るとベトベトするが、これが動物などに付着して散布されていく。ガンクビソウはキク科ガンクビソウ属の多年草。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« クヌギ・2~... イヌマキ・5... »
 
コメント
 
 
 
ガンクビソウ ()
2016-10-18 16:01:20
ガンクビソウの果実がいいかんじになってきましたか。
今日は昨日の雨で足もとが悪いと思って、これらが見られる場所は避けました。
足もとがよくなったら、見に行ってきます。
 
 
 
楽様 (多摩NTの住人)
2016-10-18 20:40:25
コメント有り難うございます。これは抜けたものが無く綺麗な形でした。そちらでも是非観察して下さい。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。