goo

アマチャヅル・7~富士見台公園

 富士見台公園の植栽に絡んで蔓を伸ばしている「アマチャヅル(甘茶蔓)」。ウリ科アマチャヅル属のつる性多年草で雌雄異株。写真は雌花で花径はわずか5ミリほど。雌花の花柱は深く3裂し先端は更に2裂している。この日は雄花が見つからなかったが、また探しに来よう。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )
« キタマゴタケ... カワリハツ・... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ディック)
2017-08-13 18:54:34
これって、藪の蔓草観察をやっていても、なんだ、花が終わって残った萼片か…、ということになってしまいそう…。
気をつけます。
 
 
 
雄花を見ていました (ディック)
2017-08-13 21:23:26
7月29日の舞岡公園で撮影した写真を点検していたら、アマチャヅルの雄花の写真が出てきました。
そうと知っていたら、もっとていねいにフォーカスを合わせたマクロ写真を撮影していたのに…。
花はややピンボケですが、葉をきちんと撮影していたので、確認できました。
 
 
 
Unknown (平家蟹)
2017-08-13 21:37:25
こちらでは今年は遅くて今日やっと蕾をつけているのを見つけましたが殆どがまだ蕾もつけていない状態でした。
雌雄があるとやはり両方見たくなりますよね。
 
 
 
Unknown (山小屋)
2017-08-14 07:29:50
小さな花ですね。
見落としてしまいそうです。
 
 
 
ディック様 (多摩NTの住人)
2017-08-14 07:37:11
コメント有り難うございます。確かに花後に残った萼片のようでもありますね。そちらは雄花でしたか。今年はまだ雄花を見ていません。
 
 
 
平家蟹様 (多摩NTの住人)
2017-08-14 07:42:02
コメント有り難うございます。同じ環境なら雌花のほうが早いのでしょうかね。今週末にもう一度雄花を探してみます。
 
 
 
山小屋様 (多摩NTの住人)
2017-08-14 07:48:00
コメント有り難うございます。これは普通に歩いているだけでは見つかりませんね。特徴ある葉っぱを頼りに探しました。
 
 
 
Unknown (とんとん)
2017-08-14 12:21:29
アマチャヅルは葉っぱを見つけただけでも快挙!といったところですが、雌花雄花まで網羅できたら最高に幸せ。
あまり生えていないでしょうから、出会いもまだあまりありません。
葉の似ている藪枯らしとは、花は全然違いますね。
 
 
 
とんとん様 (多摩NTの住人)
2017-08-14 17:09:08
コメント有り難うございます。葉っぱはヤブガラシと同じような形ですね。アマチャヅルではないかと思って良く見るとヤブガラシでがっかりすることが多いです。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。