goo

オウゴンオニユリ

 東京薬科大学で見られる「オウゴンオニユリ(黄金鬼百合)」。ユリ科ユリ属の多年草で長崎県の対馬にのみ自生する黄花を咲かせるオニユリの変種。乱獲により野生のものは絶滅状態にあり、対馬の自治体等を中心に増殖が試みられている。日本にあるオニユリは3倍体でムカゴによって栄養増殖するが、オウゴンオニユリはオニユリのようにムカゴもできるが、2倍体であり、種子でも増える。さて “百合” は “ユリ” と読むが、これを “びゃくごう” と読めば生薬のことになる。ユリの鱗茎を乾燥させたもので、強壮、鎮咳、消炎などの薬効がある。
コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )
« ナルコユリ・... シロツメクサ... »
 
コメント
 
 
 
オウゴンユリ (granma)
2017-06-30 18:00:06
こんばんは。
オウゴンユリ、輝くような色で綺麗ですね。
先日見て来た、ユリと違い、華やかな感じです。
香りはありましたか?
 
 
 
Unknown (ディック)
2017-06-30 20:32:20
ひと目、見てみたいものです。
わが家のオニユリ、花よりも先にたくさんのムカゴができています。
 
 
 
granma様 (多摩NTの住人)
2017-06-30 20:48:09
コメント有り難うございます。普通のオニユリとはまた違った美しさでした。香りを嗅ぐのを忘れていましたね。きっと良い香りがすると思います。
 
 
 
ディック様 (多摩NTの住人)
2017-06-30 21:06:37
コメント有り難うございます。これは初めて見ました。オニユリとはまた違った魅力がありました。オニユリも花期になりましたね。
 
 
 
Unknown (Bell3)
2017-06-30 23:06:41
オウゴンオニユリ、一度は見たいものです。香りもよいのでしょうか。
日本は世界でも有数のユリの産地ですから、まだ見ぬものもありそうですね。
 
 
 
オウゴンオニユリ (地理佐渡..)
2017-07-01 08:26:13
おはようございます。

初めて見ます。黄金とつくのがわかる
色合いです。そろそろ百合の時期か。
言われて初めて分かる次第です。

さて、朝から時折激しく雨が降ります。

 
 
 
オオゴンオニユリ (すみれ)
2017-07-01 08:57:15
おはようございます。
鮮やかな黄金色のユリですね
ユリの種類は多いですから見分けがむつかしそうです。

ネムノキも拝見させていただきました。
>70歳の時ホノルルマラソン42.195キロを時間制限が無いので歩いてゴールしたいと密かに考えている
目標があることはいいことですね。ぜひ完走(完歩)してください。
 
 
 
むかごから (夕菅)
2017-07-01 11:38:06
オウゴンオニユリ、我が家でも咲きました。
むかごをいただいて植えておいたら育ったのです。
 
 
 
Bell3様 (多摩NTの住人)
2017-07-01 12:23:32
コメント有り難うございます。近くで香りを嗅ぐのを忘れていました。きっと良い香りがすると思います。ユリの種類はとても多いですね。
 
 
 
地理佐渡..様 (多摩NTの住人)
2017-07-01 12:27:01
コメント有り難うございます。いろいろなユリが咲く季節になりました。そちらも雨ですか。当方も朝から雨で、午前中はシャワーランでした。
 
 
 
すみれ様 (多摩NTの住人)
2017-07-01 12:29:14
コメント有り難うございます。これは名札があったのでわかりました。ユリは種類が多くて名前がわからないものもたくさんあります。ホノルルマラソンを歩いてゴールされる方は多いです。前回も80歳以上の方が完歩されていました。
 
 
 
夕菅様 (多摩NTの住人)
2017-07-01 12:30:08
コメント有り難うございます。ムカゴから育てられたんですね。お庭にあるのは良いですね。
 
 
 
私も見ることができました (ディック)
2017-07-08 18:20:43
オウゴンオニユリ、小石川植物園で見ることができました。
今晩のブログ記事にしました。
毎日通っていらっしゃる Mさんのお話しでは、まさに今朝、今年初めて開花したオウゴンオニユリだそうです。
 
 
 
ディック様 (多摩NTの住人)
2017-07-09 10:24:17
コメント有り難うございます。ちょうど開花の日に見ることができて良かったですね。各地で育てられているんですね。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。