goo

ホノルル番外編の番外4

 息子はダイヤモンド・ヘッドの急坂を乗り越えて41キロ付近の平坦な道を走っている。ゴールまではあと1キロほどで、5時間切りを確信し余裕のVサインを見せている。この頃、私は35キロ付近で苦痛に悶えており息子に電話を入れている。[(c)allsports.jp]
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ホノルル番外... ホノルル番外... »