goo

岩手番外編・2~国道455号線

 今年4月に仕事で初めて岩手県の田野畑村を訪れる機会があり、その時に40年以上も前の大学生時代にその村のことを偶然学んでいたということを記事にしていた
 その後、今年8月30日に台風10号が東北地方に上陸して、小本川の大洪水を引き起こし、グループホーム “楽ん楽ん(らんらん)” で多くの犠牲者が出たことは、記憶に新しい。
 先日、仕事で再び田野畑村を訪れる機会があり、小本川沿いの国道455号線を進んだが、そこは春に見た長閑な風景とは全く異なる悲惨な眺め。川の流れは春と変わらないが、川の中州や両岸には流木が積み上がり、岸辺の多くの家が損壊していた。道路のガードレールが壊れているのは序の口で、コンクリート製の橋梁が裏返しになって川岸に落ちているなど、凄まじい状況を目の当たりにした。道路のアスファルトは剥がれ、不通は解除されたもののまだ数ヶ所で片側通行となっている。 “楽ん楽ん” は道路からすぐ見える場所であり、1階部分は扉や窓はすべて無くなり中はがらんどう状態。その先の “楽天イーグルス岩泉球場” では国体が行われるはずだったが、グランドには流木が入り、今後もしばらくは使えないだろう。
 岩泉町の観光名所として有名な鍾乳洞の “龍泉洞” は、雨が流れ込んで水没し、再開のメドが立っていない。
 写真は国道455号線を走る自動車の座席から窓越しに撮ったものでピンボケだが、記録のために載せることにした。被災された皆さんは、本来ならこの紅葉をのんびり眺めていらっしゃっただろう。台風から2ヶ月が経つが復旧のスピードは遅く、一日も早く被災された方々に静かな生活が戻ることを祈っている。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« ヌルデ・5~... ゲンノショウ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ディック)
2016-10-29 23:44:02
具体的な描写に、被災状況のひどさが伝わってきます。
復旧には多大な時間と費用とがかかるでしょうし、元には戻らないものもありそうです。
被災された方々の生活が、少しでも早く取り戻すことができるようにと祈ります。
 
 
 
ディック様 (多摩NTの住人)
2016-10-31 12:49:48
コメント有り難うございます。本当にひどい状態でした。一日も早く元の生活に戻られることを願っています。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。