goo

シキミ・5~花

 マツブサ科(←シキミ科)シキミ属の「シキミ(樒)」。早春に淡黄色の花を咲かせる。花径は2~3センチで花披片は15枚程度ある。シキミには花や葉、さらに幹や根に毒性があり、特に果実には猛毒がある。中華料理の香辛料に使われる “八角” は、近縁種のトウシキミ(唐樒)の果実を乾燥させたもので、そちらには毒が無い。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )
« アケボノスギ... カワヤナギ »
 
コメント
 
 
 
Unknown (hiro-photo)
2017-03-07 18:35:22
こんばんは。
私の家は神式ですから、榊の花は良く見ますが、樒の花は見たことが無いですね。
どんな花なのでしょうね・・、興味が湧いてきました。
 
 
 
Unknown (平家蟹)
2017-03-07 19:19:17
こちらでもそろそろでしょうか。
墓地に植えられることも多いから野生かどうか迷うことも多いです。
 
 
 
hiro-photo様 (多摩NTの住人)
2017-03-07 21:18:44
コメント有り難うございます。シキミはお寺や墓地に植えられていることが多いです。花は綺麗ですが毒があるので何となく近寄り難いですね。
 
 
 
平家蟹様 (多摩NTの住人)
2017-03-07 21:19:44
コメント有り難うございます。お寺や墓地にあるものはおそらく人為的に植えられたものでしょうね。
 
 
 
シキミ (keitann)
2017-03-07 23:08:44
野生のシキミは珍しいですが、それでも淡路島や徳島で見たことがあります。
日曜日に15キロほど香川の1000m峰を縦走したのですが、ほぼ下山したところで、コショウノキの花、シキミの花、ユキワリイチゲの花が見られ喜びました。
シキミはこんなに早くから咲いてたかな?と思いましたが、そちらでももう咲いてるんですね。
 
 
 
シキミ (ディック)
2017-03-07 23:24:38
横浜市環境支援センターと横浜市こども植物園は道路を挟んで隣接しています。
前者のシキミの開花は早く、後者は少し遅れるようです。
2個所にあるというのに、いざ撮影しようとすると、シベも花被片もほぼ同じ色なので、フォーカスを合わせにくいし、花が横を向いていたりひしゃげていたり。なかなかよい写真が撮れません。
自分で記事を書いてから、馴染みの花木となりました。
 
 
 
keitann様 (多摩NTの住人)
2017-03-08 07:34:05
コメント有り難うございます。そちらでは野生のシキミが見られるんですね。今年は開花が少し早い気もします。
 
 
 
ディック様 (多摩NTの住人)
2017-03-08 07:37:39
コメント有り難うございます。そちらではずいぶん早くから咲いていたようですね。当方もやっと咲きました。
 
 
 
Unknown (tona)
2017-03-09 19:24:08
この年になって八角がトウシキミの果実であることを知りました。何だか恥ずかしくなりました。
家の近くにシキミ畑があったのですが、とうとうなくなりました。山にもありますね?
 
 
 
tona様 (多摩NTの住人)
2017-03-09 20:47:41
コメント有り難うございます。八角はハッカクという植物かと思いますよね。私も植物観察を始めてから知りました。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。