goo

イヌマキ・5~生け垣

 南大沢4丁目の団地の生け垣になっている「イヌマキ(犬槇)」。マキ科マキ属の常緑高木で雌雄異株。果実の先端の水色の核果には果肉に包まれた種子があり、赤い部分は “花托” と呼ばれるもので甘味があって食べられる。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )
« ガンクビソウ... ネコハギ・5... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (YAKUMA)
2016-10-17 21:42:35
イヌマキの実が生っていますか。
一度これを味見してみたいのですが、どうも躊躇してしまいます。
探しに行って試してみますか。
 
 
 
YAKUMA様 (多摩NTの住人)
2016-10-18 07:30:12
コメント有り難うございます。私も最初は恐る恐るでしたが、なかなか美味しかったですよ。
 
 
 
イヌマキ (かなこ)
2016-10-18 11:15:52
多摩NTの住人さん今日は。
我家も実生の木があり背が高くなって実が判りません。
それとつい忘れてしまってUPしないままに。
今は見当たらないですが小鳥が食べてしまったのでしょうね。
面白い見ですよね。
 
 
 
美味しそう (ぶちょうほう)
2016-10-18 12:13:04
多摩ニュータウンの住人様 こんにちは
今年はイヌマキの実は当たり年のようで、我が家の生垣ではたくさん実をつけていました。
でもそれは成長途上の若い木に限定みたいで、成樹では強く刈り込みますので、実をつけてはいません。
昔の子供ならご馳走でしたでしょうが、今は実を見ても、孫たちは小生が誘わない限り、素通りしていきます。
 
 
 
かなこ様 (多摩NTの住人)
2016-10-18 13:33:37
コメント有り難うございます。実生から育ったとはすごいですね。小鳥には有り難い存在ですね。
 
 
 
ぶちょうほう様 (多摩NTの住人)
2016-10-18 13:34:56
コメント有り難うございます。そちらは当たり年でしたか。昨日のカキでも触れましたが、今の子供達は、こういうものには興味を示しませんね。
 
 
 
イヌマキ ()
2016-10-19 08:43:39
近所の生け垣は男木で、この実は見られません。
金沢自然公園まで出かけると、この実が見られます。
私は食べませんが、根元の実は食べられるけれど、先端の実は有毒だとか。
 
 
 
楽様 (多摩NTの住人)
2016-10-19 08:51:15
コメント有り難うございます。当方では雄株のほうが多いようです。赤い部分だけ食べましたが、甘くて美味しかったですよ。
 
 
 
イヌマキ (granma)
2016-10-19 22:28:20
こんばんは。
イヌマキの果実、緑の部分は有毒で赤い方は甘いのですよね、(私も鎌倉光則寺で食べたことがあります。
実が落ちていたのを見ると細い軸がついていて
小さな串団子の様でした。
 
 
 
granma様 (多摩NTの住人)
2016-10-20 07:55:17
コメント有り難うございます。先端は毒があるというので初めは躊躇しましたが、意外と甘かったですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。