goo

アオハダ

 モチノキ科モチノキ属の「アオハダ(青膚)」。外側の樹皮が薄く、幹を少し傷つけると緑色の樹皮が出てくることから名付けられている。雌雄異株で写真は若い果実の様子。この界隈でアオハダは富士見台公園で雌株を1本だけ確認していたが、これは松木日向緑地(首都大学キャンパスの遊歩道)で見つけたもの。記録として記載した。果実は秋に赤く熟す。まだ雄株を見つけていないので、それは宿題。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« ウツボグサ・... ネズミモチ・... »
 
コメント
 
 
 
アオハダ ()
2017-06-16 05:47:00
アオハダの果実ができていましたか。
昨日アオハダの前を通ったのに、気づかずに通り過ぎました。
 
 
 
楽様 (多摩NTの住人)
2017-06-16 07:33:34
コメント有り難うございます。アオハダは花や若い果実の時はあまり目立たないですね。雄花を探すのは難しいです。
 
 
 
Unknown (ディック)
2017-06-16 14:00:19
アオハダ…、そうかそれでアオハダというのか…。
勉強させていただいております。
 
 
 
Unknown (tona)
2017-06-16 20:32:38
アオハダとアオダモが名前が似ていて間違えています。
アオダモが野球のバットになるということを知ったのですが、またどちらでしたっけとなります。
アオハダの実をじっくり拝見させていただきました。
 
 
 
ディック様 (多摩NTの住人)
2017-06-16 21:07:24
コメント有り難うございます。そちらでアオハダが見られれば、是非樹皮を確認してみて下さい。
 
 
 
tona様 (多摩NTの住人)
2017-06-16 21:25:50
コメント有り難うございます。野球のバットはアオダモですね。こちらは青い肌の木です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。