goo

アカショウマ・6~東京薬科大学

 東京薬科大学の自然観察路や雑木林で見られる「アカショウマ(赤升麻)」。ユキノシタ科チダケサシ属の多年草で、初夏に純白の小さな花を総状に付ける。その根は赤味を帯びていて、花がサラシナショウマに似ていることから名付けられている。
 別の日に中山地区の山道で既に花が終わったアカショウマを見つけた。来年はそこの写真を撮るようにしよう。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« ヤエドクダミ... 散歩道・72... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ディック)
2017-06-11 21:33:02
アカショウマとトリアシショウマ、私が見たのはどちらだろう?
札がないのがいきなり出てくると、まだ見分け方を勉強していないので、どこに注意して見たらよいのかわかりません。
 
 
 
ディック様 (多摩NTの住人)
2017-06-12 07:34:21
コメント有り難うございます。トリアシショウマは確か日本海側に生育すると聞いたことがあります。当地のものはみなアカショウマだと勝手に判断しています。
 
 
 
○○ショウマ (ディック)
2017-06-12 21:49:37
多摩NTの住人 さん、
ありがとうございます。
「○○ショウマ」というのをほかにも見て撮影していまして、これから写真と頭の中の両方を整理していきたい、と思っています。
 
 
 
ディック様 (多摩NTの住人)
2017-06-13 07:36:06
コメント有り難うございます。キンポウゲ科にはサラシナショウマがありますね。ショウマもいろいろですね。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。