goo

ホノルル番外編・18~プルケリマ1

 赤い花弁に黄色い縁取りの鮮やかな花。これはマメ科ジャケツイバラ属の「プルケリマ(Pulcherrima)」で、中南米の西インド諸島原産。日本では「オオゴチョウ(大胡蝶)」の名前で呼ばれている。これはフォスター植物園(Foster Botanical Garden)のもの。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« ホノルル番外... ホノルル番外... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (フクジイ)
2016-12-21 08:07:21
多摩NTの住人さん
おはようございます
どこかで見たような、と思っていましたら
オオゴチョウでしたか
こちらの植物園でも見ますが
綺麗な縁取りのある美しい華やかな花ですよね
 
 
 
フクジイ様 (多摩NTの住人)
2016-12-21 08:43:52
コメント有り難うございます。私は初めて見る花でした。植物園などにはあるんですね。
 
 
 
違和感 (ぶちょうほう)
2016-12-21 09:57:58
多摩NTの住人様 こんにちは
ハワイに行かれて、たくさんのあちらの植物にも出会われたようですね。
それの一つ一つの名前探しは大変な作業でしたでしょう。
日本の原野でくっきりとした黄色で咲くジャケツイバラの花については一種の違和感を持って眺めて来ましたが、こちらの花も西インド諸島原産ですか、流石に異国情緒たっぷりですね。
 
 
 
ぶちょうほう様 (多摩NTの住人)
2016-12-21 12:26:57
コメント有り難うございます。今まで見たことがない花ばかりで、名前探しに一苦労です。これは鮮やかな色合いで南国の花という感じですね。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。