goo

ホノルル番外編・46~アプテニア

 フォスター植物園(Foster Botanical Garden)で見た匍匐性の小さな花。これはハマミズナ科アプテニア属の「アプテニア(Aptenia)」。熱帯性の常緑多年草で中央アメリカ原産。和名では「ハナツルソウ(花蔓草)」と呼ばれる。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« ホノルル番外... 奮闘記・63... »
 
コメント
 
 
 
ハナツルソウ ()
2016-12-29 06:45:03
品種名は知らなかったけれど、どこかで出会った記憶がある花でした。
 
 
 
Unknown (フクジイ)
2016-12-29 08:43:25
多摩NTの住人さん
おはようございます
初めて見る花ですが、特徴ある花ですね
和名が付けられているということは、国内でも馴染みの花なのでしょうね
これらは花弁ですか?
 
 
 
楽様 (多摩NTの住人)
2016-12-29 10:41:48
コメント有り難うございます。ハマミズナ科など聞いたこともありませんでした。
 
 
 
フクジイ様 (多摩NTの住人)
2016-12-29 10:49:54
コメント有り難うございます。これはマツバギクなどに近い種類のようです。細い花弁が密生していました。日本にもあるようですが、私は見たことがありません。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。