goo

ハクロニシキ

 民家の庭や公園などで時々見かける樹だが、花が咲かないのでなかなか調べる機会が無かった。斑入りの葉を遠目に見るとまるで花が咲いているように見える。これはイヌコリヤナギの園芸品種で「ハクロニシキ(白露錦)」と呼ばれるもの。細い葉が白くなり先端の若い葉は赤みを帯びる。ハクロニシキはヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« ソシンロウバ... ウツボグサ・... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (平家蟹)
2017-06-14 19:38:27
これはなんとなく見たことがあるような気がする・・・かな。
やはり花が咲かないと脳が反応しませんね。
ヤナギ科ですか、これまた想像できませんね。
 
 
 
平家蟹様 (多摩NTの住人)
2017-06-15 07:33:05
コメント有り難うございます。いつも気になっている樹でしたが、花が咲かないのでなかなか記事になりませんでした。葉っぱはヤナギ科らしい形です。
 
 
 
しこ名かと・・・ (ぶちょうほう)
2017-06-15 10:23:34
多摩NTの住人様 こんにちは
白露錦とくるとその大先輩は栃錦だと思い込んでしまいます。
そしてお相撲さんに所縁でもあるかと考えましたが、全くの空振りでしたね。
そうですか、イヌコリヤナギの弟弟子さんでしたか?
(未だ拘っています。)
以前どこかで見たような記憶もありますが、今度見た時はしっかり応援してやりたいと思います。
 
 
 
ハクロニシキ (山ぼうし)
2017-06-15 12:17:16
葉を鑑賞するために作られたのでしょうかね。
園芸って、どんだけ~って思います。
 
 
 
ぶちょうほう様 (多摩NTの住人)
2017-06-15 12:45:33
コメント有り難うございます。確かに“羽黒錦”なら四股名に使えそうな名前ですね。漢字では“白露錦”でした。
 
 
 
山ぼうし様 (多摩NTの住人)
2017-06-15 12:47:12
コメント有り難うございます。生け垣などに良く利用されています。園芸品種をどうやって作るのか、不思議でなりません。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。