goo

ハチオウジアザミ

 長池公園第1デッキで見られる「ハチオウジアザミ(八王子薊)」。これは八王子市内多摩丘陵西部の湿地で発見され、今年2月に新種として発表されたアザミ。説明板には、国立科学博物館筑波実験植物園の門田裕一博士によって命名されたとあり、 “八王子” を冠した植物はこれが初めてとのこと。湿地に生え、頭花が細く、アザミの花の外側をとりまく総苞片のトゲがあまり長くならないのが特徴のようだ。自生地は私有地で、この株は観察用に移植されたのだろう。できればここで長く生き延びて欲しい。ハチオウジアザミはキク科アザミ属の多年草で、カガノアザミ(加賀野薊)群というグループに属しているとの説明がある。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 1 )
« キンモクセイ... コナラ・2~... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (平家蟹)
2012-10-10 19:29:26
今年2月デビューしたてのホヤホヤ新人ですか。
でも普通のアザミと何処が違うんだろと思いますね。
こんなのが私の目の前にあっても普通のアザミと思って
軽くスルーするだろうな。
 
 
 
Unknown (guitarbird)
2012-10-10 20:27:57
こんばんわ
新種のニュースは生き物好きとしてはうれしいですね。
ネットやニュースや新聞で見ると食いついてしまいます。
でもこれは知りませんでした。
それがお近くにあって見られるのはまたいいですね。
 
 
 
Unknown (YAKUMA)
2012-10-10 22:48:53
こんばんは
今年発表された新種のアザミですか。
知りませんでした。
またしても手強いものが増えたのですね。
行き続ける環境を守って欲しいです。
 
 
 
ハチオウジアザミ (panda)
2012-10-10 23:16:39
アザミは難しいですね。ハチオウジアザミ、八王子の人には嬉しいと思うけれど、ますます難解になりつつあるアザミに溜め息をついています。
でも、どこか遺伝子が違うアザミなのでしょうね、観察用に移植してあるのがうらやましいです。長崎でも門田先生がウンゼンアザミと命名してくださったのですが、どれがウンゼンアザミなのかいまだにわからない地元民です。
 
 
 
平家蟹様 (多摩NTの住人)
2012-10-11 08:30:02
コメント有り難うございます。
本当に仰る通りです。名札がなければ素通りの花でした。アザミは野菊の同定よりもややこしそうです。
 
 
 
guitarbird様 (多摩NTの住人)
2012-10-11 08:33:22
コメント有り難うございます。
新種なんですが、アザミに関してはまだまだ勉強不足で、違いが理解できていません。せっかくですから少しずつ勉強してみようと思っています。
 
 
 
YAKUMA様 (多摩NTの住人)
2012-10-11 08:39:22
コメント有り難うございます。
私もこれを見て初めて知りました。
本当に手ごわい相手になってしまいました。
 
 
 
panda様 (多摩NTの住人)
2012-10-11 08:39:47
コメント有り難うございます。
以前、野菊を避けて歩いたことがありますが、アザミも避けて通りたくなる気持ちもありますね。本当に難しそうです。とりあえず八王子と名の付くものだけは、特徴を覚えておきたいです。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。