goo

カワラタケ

 小山内裏公園の倒木に生えていた「カワラタケ(瓦茸)」。サルノコシカケ科カワラタケ属のキノコで、広葉樹などの枯れ木などに発生する。名前の通り、まさに “瓦” のように綺麗に重なっており、また谷間の千枚田のようにも見える。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

シラヤマギク・2~開花

 去年は11月中旬に終わりかけの花を見たので、今年は開花時期を気にしていたが、思った通り9月上旬に咲き始めていた「シラヤマギク(白山菊)」。キク科シオン属の多年草で、花径は2センチ程度だが、背丈は1メートルを超える。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

ヤブツルアズキ・4~鑓水

 小山鑓水緑地の遊歩道脇で見つけた「ヤブツルアズキ(藪蔓小豆)」。マメ科ササゲ属のつる性一年草で、アズキはこのヤブツルアズキを改良したとされている。ところがアズキが野生化したものがヤブツルアズキだという説もあり、真相は藪の中、いや闇の中。花の形はノアズキに良く似ているが、葉や豆果の形は異なる。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

カリガネソウ

 クマツヅラ科カリガネソウ属の「カリガネソウ(雁草・雁金草)」。日当たりが良くかつ湿地のような場所に生育する。花弁は5枚で、上と左右に2枚ずつ。下に伸びた花弁には模様が入る。雌蕊の花柱と4本の雄蕊が帆掛け舟のような形になるため、別名は「ホカケソウ(帆掛草)」。
 さて帆掛け舟のようなカリガネソウを見ていて思い出したのが、歴史の教科書に出ていた150年前の横浜開港当時の絵。小舟の向こうに蒸気船が黒い煙をモクモクと出している様子が描かれていた。1909年の開港50周年式典で披露されたのが “横浜市歌”。以前、バラエティ番組の “ケンミンショー” で、『横浜市民なら誰でも歌える歌』 と紹介されていたが、当時は小学校(横浜市立)では校歌と一緒に市歌も教え、主要行事では必ず歌っていたもの。アップテンポで始まった歌が、途中でゆったりとしたメロディになり、最後はまたアップテンポで終わるとても楽しい歌で、今でもしっかり覚えている。小学生には歌詞がいささか難しかったが、作詞者は、かの森鴎外。
 横浜港と多摩ニュータウンは無関係のようだが、実は “絹の道” で繋がっている。明治時代以降、輸出用の生糸が八王子近郊で生産され、さらに長野、山梨、群馬などからも集められて、絹の道を通って横浜港まで運ばれていた。絹の道の面影は、ニュータウンの自然の中に残っている。

『横浜市歌』(著作権法により歌詞省略)
   作詞:森林太郎(鴎外) 作曲:南能衛
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

ホソアオゲイトウ・2~開花

 日当たりの良い草むらで背丈をグングン伸ばしている「ホソアオゲイトウ(細青鶏頭)」。ヒユ科ヒユ属の一年草で、熱帯アメリカ原産の帰化植物。ケイトウ(鶏頭)に似て花穂が細く緑色であることが名の由来。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モモ・4~実

 上柚木中学校の校門前で熟し始めていた「モモ(桃)」の実。直径は4~5センチほどで果実店で売られている桃よりははるかに小さい。台風の風でまだ青い実がかなり落ちてしまったが、枝にはまだたくさん残ってる。色の良さそうな実を一ついただいて齧ってみたが、甘みよりも酸味が強く、完食とまではいかなかった。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

ゴマギ・2~葉

 ただの葉の写真で面白味はまったくないが、これは “香り” のお話。写真はスイカズラ科ガマズミ属の「ゴマギ(胡麻木)」で、葉を揉むと胡麻の香りがするため、この名が付けられている。初夏に同じ仲間のガマズミに良く似た花を咲かせるが、花期に見逃してしまった。これは来年の宿題。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フユサンゴ

 ナス科ナス属の「フユサンゴ(冬珊瑚)」。ブラジル原産の帰化植物で日本には明治時代に渡来した。花期は8~9月で、結実すると初めは緑色の実で、その後、黄色から橙色に変化する。この実は有毒で食べられない。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

フウセンカズラ・5~猿顔

 種子の中にある猿顔がおわかりだろうか。「フウセンカズラ(風船葛)」の種子は直径4~5ミリほどで、一つの風船の中に3個できる。風船の内壁に付いていた部分が白いまま残り、ご覧のように可愛い猿の顔になる。フウセンカズラはムクロジ科フウセンカズラ属のつる性一年草。ちなみに種子の下はホオノキの葉。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

サワギキョウ・5~雌蕊

 開花してから数日後の「サワギキョウ(沢桔梗)」。開花したての頃は雄蕊が雌蕊を包んでいるが、その後、雄蕊は衰退し雄蕊の柱頭が現れる。サワギキョウは雄性先熟で、雄蕊が花粉を出している雄性期と、その後の雌性期に分かれている。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ 次ページ »