東111のlocker room

我撮る 故に我在り

CAと林家ぺー・情熱編:終

2016-11-12 09:53:14 | 撮影<遠征>


歩き回って汗だくになったので、この日のメインイベントに備えてラウンジで涼む事しました。
飲み物類は殆どが無料で揃っていてご当地飲料のシークワーサー(発音が難しいw)は、
業販飲料だとしても、グァバジュースよりもそこそこ美味しかったです。
パイナップルとオレンジの中間みたいな味ですが甘さ自体はさっぱりしていて止まらない味でした。
と言ってもあまり飲み過ぎても機内のお楽しみが半減するので3杯でやめときましたけども



三時間ほど涼んだ後(涼み過ぎだろ)お土産なんちゃらかんちゃら買ってロビーで寛いでる図。


昼間、市内で見た建造物と同じ風通しをよくする効果(?)の穴ぽこが椅子にも開いていますね~。
羽田や新千歳などの椅子は普通のファブリック生地を使ってるんで、こうゆうの観察するのも楽しいっす。




さて、お楽しみの時間が刻一刻と近付いてまいりやした~ムフフフフ


記念日に記念の搭乗券を何度も確認するのはいいけど度が過ぎてクシャクシャにしてはダメですな。
もう既にチケット左端の辺りに折り目が付いちゃったので、写真撮りつつゲンナリした瞬間でもあります。




ところで、復路は搭乗二ヵ月前に入金して席を指定したら、数日後には既にこの状態。


他に空いている席もあるのに赤の他人の隣に座ってまで一列目に座りたがるのは絶対飛行機ヲタです。
かくいう私も誕生日フライトの名目でチケットだけは一番の数字を残したたかったんですけど。




どいてくんねーかなーなんて思いつつ月日は経ち、遂に前日になりました。


この場合、1Aと1Cも多分飛行機ヲタとかそうゆう人物なのかなと想像を巡らせたりするのですが、
オーバーオールとかツンツルテンのズボンのいかにもヲタ丸出しだったらヤだなぁとか思ったりなんかして。




ボーディングの時間になりました


機内混雑緩和で先に搭乗できる後方席でもエコノミーは各優先搭乗客の後まで待つんですけど、
この日は搭乗ゲート前の長蛇の列とは全く無縁なので気持ちにも余裕があります。




遂にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!じゃあなシーサー!


ポンっという軽い音色と共にバーコードリーダーが光ったら悠々とボーディングブリッジを闊歩しましょう


チャチャチャチャチャチャチャチャ・・・ チャーラララーチャーラ~チャーラララ~ (行進曲『威風堂々』第一番←高田総統の入場曲





左左左~


エコノミでも機体右側席は左から入って一度プレミアムクラスを抜けて行くんですけど、
それが嫌で最近は右から入って真ん中のギャレ―経由で機体の右側に行く手法を採っておりました。




もうねぇ、貧乏根性丸出しが恥ずかしいのであまり写真撮ってないんですけどまず広い!(当たり前


これ、かなりふんぞり返り気味で足なんか普通に組めちゃったりしますし。
CAが上着お預かりします~とか言ってタンスみたいなスペースに収納してくれる。

本日プレミアムクラスを担当するホニャララと申します⇒お、おぅみたいな。
おいおいおい首里城の次は竜宮城かよぉ~みたいな。

スーツだからなのか新聞持ってきてくれましたが社会面読むふりして実はユーグレナ七億個とか。


報知だの朝日だの色々あったんでニューヨークタイムズあります?とか言いそうに(アホ
つーかよくよく考えたら寧ろそっちの方が恥ずかしいわ




結局使わなかったシートスイッチ類はこんな感じになってます。


これ、多分レバー式で手前に引くとグイ~ンって感じで電動で動くんでしょうね。
使い方が分からないからと言ってので聞くのもハズいしリクライニングせずに過ごしましたけど、
リクライニングしないままでも十分リラックマできるシートでしたよ。




こっちはオーディオやCAコール、読書灯なんかのスイッチ。


全部満喫しようと思ったら国内線では飛行時間が短過ぎるかもしれません。
なので、ファーストクラスに乗ってる!という気分を高める演出程度に私は考えます。




水平飛行に入ったら、いよいよお待ちかねの機内食のお時間であります


本日はきのこ御飯でございます、と上品に言われましてもねぇ、えぇ・・・・。
(´-`).。oO( じゅーしぃーだったらなぁ・・・・




御献立でございます


421キロカロリーって、いつもお昼に食べてるセブンのお握り一個半くらいに相当しますが、
コンビニのお握りが高カロリーなのかプレミアムGOZENが低カロリーなのか分からなくなりますね。




にんっ


っていうか先にプレミアムモルツをぐびっと飲んじゃってこれじゃちっとも絵になりません。
しかし豊かな彩りのおかげでデジカメのホワイトバランスが適正化されました




ほのかに広がるダシ(?)の風味がゆっくり味わえと抑制を利かせているようです


先日食べた賞味期限切れのカニ御飯も抜群に美味かったですが、このきこ御飯もなぁ・・・・
味はそのままでいいから物理的に見えなくしてくれたらもっと美味くなるのに(笑




プレミアムGOZEN、ごっつぁんでした


肝心のきのこはビールで少しずつ流し込んだので味はよく分かりませんでした
噛まずに飲み込んだのもあるのでそのままウンチに混ざって出たらどうしましょ




おつまみの時間がやってまいりやした~


エコノミクラスで酒類を買った時に出るおつまみと違ってプレミアムクラスはミックスタイプ。
私の大好きなピーナッツ揚げも磯巻きもあられもゴソーリ入っていて、嗚呼これぞサラリーマンの楽しみ。






まだまだ食後のデザートが怒涛の如く続きますよ





しかしこの紫芋アイス、美味しかったんですがスプーンを突き刺せる位に溶けるまで時間が掛かり、
はたして着陸まで無事に食べれるかなというくらいカッチカチに凍っておりました


















そんなわけで無事に羽田に到着、今年の誕生日フライトは幕を閉じました。





やたら飛行機に乗る理由は実はテレフォンコミュニケーターという私の職種が関係していて、
一人で完結させる職業故、チームで遂行する仕事や業界に強い憧れもあって専ら飛行機に乗るわけです。
後方席に座りたがるのもCA達のチームプレイを存分に拝めるからという理由があるわけ。


プレミアムクラスは前方席の極みだからそうゆう客観的に周囲を観察する時間はないから、
人生とは何ぞや?的な物を考えるには好いけど誕生日やライフイベントの理由無しでは乗り難いです。
気分が盛り上がらないというか、折角のファーストクラスだからこそ普通には乗りたくないというか。







そうは言ってもプレミアムクラスって一度乗っちゃうと実はクセになるのも確かですし、
また来年も乗れるように一年頑張りたいと思います
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近のどん兵衛 | トップ | 知らなかったANA:前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

撮影<遠征>」カテゴリの最新記事