東111のlocker room

我撮る 故に我在り

キヤノンの新しいやつ

2016-12-07 17:09:12 | 撮影<機材>


EF24-105mmF4L IS 2 USMとやらを銀座と品川で触ってきました。
第一印象としては、重さもそうですけど、まぁ~とにかくデカいっすわ・・・・
デカさ重さ共にF2.8Lと同等だけど安くて望遠側有利なやつと高くて手ブレ補正も無いけど超高画質、
人に因ってはそんな考えでどっち買おうか宙ぶらりんこだと思う人多いんじゃねーですかね。









私はですね、














私はですね、、


















私はですね、、、




















(・ω・`; = ;´・ω・)ドースンベ











ところでネットではフレアが出まくる噂で溢れていますが、もしかしてこのフードの仕業か?


内壁が植毛処理されていないからという話もありますが、果たしてそうゆう問題なんでしょうか。
そうゆう問題だけだったらパーマセルか何か貼っておきゃいいべ~とか思っちゃうんですけど。







標準ズームで遠回りした事、旧型は個体差が激しい事、比較的安値で中古が流通している事、
こういった諸事情が今までの経緯で絡んでいて、実は今私が使ってる個体は2本目だったりします。
しかも今の2本目が1本目よりかなり解像する事を前提に判断すると・・・・


1.旧型の周辺光量落ちや歪曲差はDPPのデバイスで何とかなる
2.何とかなるとは言っても色収差なんか分からないのでワタクシ気にしません
3.中心部のボケは新型が綺麗だけど四隅の滲みと流れはよーく見なきゃ分からない


3に関してはよーく見なきゃ分からない、、、という事が非常に重要ですし、
しかもそれも今使ってる2本目が基準ですから、あとは推して知るべしですハイ。
とどのつまり、24-70F2.8Lの1型と2型ほどの差は無いという事が言えるかも。
しかし画質云々より一回りデカい事の方が私の中で印象悪化の道を突き進んでおります。


旧型とkissとのセットでこうですから、新型は24-70のF2.8の2型と殆ど同じサイズ、重量。
遠征でサンニッパ持参すれば早朝に家を出た時点で既に重いので重量増は気にならないけど、
デカいとそれ以前に必要な物が収納できない可能性があるので、そっちの方が私には重要です。


旧型は外観が古臭くて何かヤだなぁというのはありますけど
まぁ・・・・個人的には今すぐ買い替える必要はないし、別のレンズ買おうかなぁと。


そんな感じ(笑



『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CAと林家ぺー・蹉跌編:5 | トップ | CAと林家ぺー・蹉跌編:終 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む