東111のlocker room

我撮る 故に我在り

中電に乗ろう:13

2017-07-15 00:30:46 | 模型<電車>


先日久々に秋葉原の某模型店へ物色しにいったら長らく品切れだった室内灯「TORM」が陳列されておりました。
時系列で言えばキハ183-500より昨夏に配属された115系300番台に装着が望ましいのでこちらにポン付けしました。
10本セットもありましたが1本の単価が安くなるのは10本目からでしかも消費税分程度なのです。


で、小技を使わずに普通に組むとこんな感じで実際の蛍光灯にかなり近いリアルな発色になりました。





車体の内装は座席パーツのみ淡緑色で吹いてありますがボディーの内側はさすがに未塗装なので、
座席パーツの淡緑色が室内灯で反射した為、鼻血が出るほどリアルな見栄えになったと推測しています。




で、これはN183のキロ182-500にTORMを組んだ時ですが導光板が側窓から露わ。


側窓が高くて天板の高さは非ハイデッカー車と同じなら横からだと目立つのは当たり前なんですが。
下のキハ182は側窓の位置が低いので導光板も必然的に見えなくなるというわけです。


トミックス純正ほどではないにしろ、TORM室内灯も導光板が結構反ってる物があったので、
組み付け前にある程度矯正してやらないと側窓が低い車両も横から丸見えになる場合があります。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続々々々々々々・新しい出会いへ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む