BOSS魂

フレンチブルドッグ5匹とチワワmix1匹とエキゾチックショートヘア1匹の家族日記です♪

インスリノーマ2

2017-06-13 | ハグ

大学病院での検査が終わってその後

いつもの大好きな主治医のもとへ通院し

いつもと同じように食事をし軽めになりましたが公園へ通い

ハグは普段通りに過ごしています



インスリノーマは珍しい病気という事もあり

10年前とあまり治療法が変わっていなくて落胆しましたが

オペをして腫瘍を摘出する方法を選ばなければ

少量頻回給餌とお薬はプレドニゾロン+ジアゾキシドで様子見という事でした

現在は興奮した際に少し後ろ足が震えるくらいで

病院へ急遽運ばなければいけない様な発作はありません

落ち着いているようです


もし発作が起きた時は常備しているプレドを少量飲ませるという対処です


大学病院の先生が仰るように

あと数か月の命というのなら

12歳という年齢もありオペはせず自宅で普段通りの生活を送らせてあげたいと

考えました

3年前にボスが癌になった時

上皮向性悪性リンパ腫という事もあり出来ることは限られていて

治療法もありませんでした

抗がん剤やレーザー治療やステロイドなどのお薬など

推奨されていますが無意味に近いものだったと認識しています

癌の種類によっては抗がん剤やレーザーや投薬で完解までいける事もありますが・・・


ボスの時に悩んで後悔したように

またハグが亡くなったら同じように後悔をすると思いますが

どうやってもきっと心残りや後悔は付きものだと

なかば諦めのような心境でいます


今はまだ食事もとってくれて

普段通りに過ごしてくれているので

冷静を装っていられるのだと思いますが


どうなるのかな・・・毎日が怖いです







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インスリノーマ

2017-05-27 | ハグ
長文です



最初の症状は散歩中の後ろ脚の震えからでした

勝手に老化からくる筋力低下での軽い痙攣と思っていました

(その後先生にお聞きしたところシニア犬の後ろ足の震えは
オスだと筋力低下が多いがメスは気を付けたほうが良いとのことでした)


5月8日(月)少し暑い日でした

公園で20分ほどぶらりとした後

暑さがあったのですぐに家に戻ろうと歩き出した時

後ろ足がもつれ意識が朦朧としているのが分かりました

声をかけると理解はしているが体がついていかない感じでした

(眼球の揺れはありませんでした)

急いで抱きかかえ自宅に戻るも(徒歩3分程の距離)しばらくしても立ったまま容態が変わらず

急遽病院へ電話予約し診察へ向かいました(pm4:30予約)


最初は熱中症かと

最悪、心臓か脳か・・・ハグは心臓肥大ということもありそんな風に考えていました

病院で症状と血液検査からかなりの低血糖でインスリノーマが疑われました

エコーでお腹を診てもこれといった腫瘍は見つかりませんでした

検査後これといった症状も見られず普段と同じ状態に戻ったため

血液を外部へ検査に出し5日後に再診の予約を入れ帰宅しました



帰宅後

すい臓がんやインスリノーマでネット検索し

今後の経過やこの病気が絶望的であることを知ることとなりました



5日後 5月13日(土)再診日

朝から病院へ向かい前回よりも詳しい検査

前回の診察後、朝晩2回2錠 ステロイドを処方されましたが

かなり量が多く不安でした

そして帰りの車中で病院から電話がありハグの状態により様子を見てあげて下さいと言われ

私の判断で飲ませなかったためハグの容態が悪くなり病院で急遽ブドウ糖の点滴となりました





先生の判断は正しかったのに私の勝手な判断で軽率な行動だったと後悔しています

その日の結果で出たのはやはり

ほぼインスリノーマで確定ではないかとの事でした


オペか内科的な治療で緩和ケアを目指すか

オペをして腫瘍場所が全摘出出来るとしても

その後膵炎を併発する事これは必ずと言っていいほど

そしてこの病気は転移が多い事

余命が数か月伸びるが生活の質がどうなのか・・・

完治は無い事


珍しい癌のため主治医の症例でも1件しか扱ったことがない事


そのため大学病院を勧められました



ハグが12歳5か月です

オペに耐えうるのか・・・

耐えてくれたとしても寝たきりの時間が長くなって

余計に辛い時間を長引かせるだけではないのか

悩みます

症例が少ない事と内科治療を進めるとしても現在新しい薬または治療法などをがあるのではとの

期待をしつつ大学病院への紹介をお願いしました

(この予約を決意するまでネットで検索し獣医腫瘍認定の在籍している病院と自宅から近い通院に便利な病院などに
片っ端から電話し今の状態・緩和ケア重視の主を伝え診察希望をお願いするもインスリノーマと聞くとすべて断られる
まず地元の病院では症例がないまたはあっても大学病院へ送っているため)





5月25日(木)

主治医より日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)に予約を取って頂く

内科は水曜日と木曜日のみ

am9:30予約なので朝6時に自宅出発

am8:30到着 診察時間am8:45~

9時40分に呼ばれ今までの症状や経過を説明

その後ハグだけ預け1時間後検査終了

ここでハッキリした病名が分かるかと思ったが開腹してみないと断定出来ないと言われる

しかし血液検査・エコーなどからほぼインスリノーマで間違いないと思われると

内科治療のみだと余命数ヶ月

淡々と説明をされました


3年前のボスの時と同じ

珍しい癌とかクソかっ!!!

来年の桜も見れるよね?


2017/04/12春・hug
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夢で逢ったら

2017-03-27 | ボス

昨日、今日と凄く寒くて

今日の朝方あまりの寒さに3時頃起きた

リビングの犬たちが気になって下に降りて暖房と湿度を設定し直して

みんなに毛布をかけてまた2度寝した


そしたらボスの夢見た


亡くなって3年やっとやっと夢に出てきてくれた!

感極まって涙する私とは正反対にぼーは冷たい眼差しで私を見ていた





そういえばこんな冷たい様な軽蔑したような悲しい目をしてたなぁ

私が子供たちを怒った時とか

犬たちがいう事聞かない時大声を出した時とか・・・




そしてぼーが唐突に私にしゃべりかけてきた

そんなに嘆き悲しまれて困惑だと・・・

俺が生きてた時はそんなに思っていたとは伝わらなかったと

つか本当に悲しむべき嘆くべきはれんじの事じゃないかと

淡々と私に伝えてきた

嘆き悲しむ時間が長過ぎるとも言っていた

いい加減にしろと少し呆れていた


ぼーの仰る通りです・・・

結構冷たかったです



でもぼーはずっと私のNo.1だ

また出てきて欲しい

レギュラーでいい











コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

10月のあなた 関取花

2017-03-20 | ボス


真夜中流しっぱなしのTVから「ひがみソング」で話題って関取花さんの曲の紹介があった

少しだけ曲が流れて

べつに・・・という曲だったかなあ

面白い歌詞で曲も良かったからyoutubeでちょっと聞いてみた

もしも僕にって曲もすごく良かった

最近はスピッツばっかり聞いてて車の中でも家でも

新しい風が吹いてきたあ

本当は女の人の声の方が好きだった


関取花さんの曲を何曲か聞いていて見つけちゃった・・・10月のあなた


10月のあなた 関取花



お彼岸だしね・・・

10月15日に亡くなったぼー・・・こんなん泣くわ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今思うこと

2017-03-15 | ひとりごと

少し前にPCを新しくしました


その前のVAIOがHDD飛んで中のデータが全滅

保障もないし壊れたからいいやってネットで調べつつ

裏開けて掃除してCPUのグロス塗り直してメモリ増やして

SSDにして復活したけどやっぱりCPUが古いからネット徘徊と動画くらいは出来るけど

最近のゲームはもっさり動作でした


で画像をどうにかしたくて昔の携帯のSDカードとかカメラのメモリーカードとか

探し出してあとここの画像とか整理したりね・・・

年代別とかに分けて整理してて気が付いたの




今思い返すと毛艶が無くなってきた時かなあ・・・なんてふと思った

あの頃は分からなかったけど

画像を見てみると

毛艶があれ?っておかしいなって思った頃が

もしかしたらもう具合が悪かったのかなあって

その頃から病気が・・体調が悪くなってきてたのかなって思った


特にフレブルのブリンドルは年で毛色もコロコロ変わるから

分かりにくいけど分かり易いなって・・・意味不明ですみません


他の犬種を飼っていらした方に聞いても同じような事言ってた

振り返って写真見てみるとそうかもって・・・


食欲もあったし走り回って元気そうだったけど

毛艶が無くなってきた頃って要注意だな・・・


それでもぼーの時なんかは毛艶が無くなってだいぶ経ってから

皮膚病が出てそれで病理検査しても

1回目の時は早期過ぎて発見出来なかったんだった

あとの祭りか・・・


あれから3年経ったけど悲しさは変わらないし

3月1日はれんじの1周忌だった

悲しみMAX復活で

もう生きてるのも仕方なく生きてる感じ

ぼーが亡くなってから私の時間は止まったままだ


犬を嫌いな人飼ったことがない人には完全にイカれた人だし

飼ってる人でも人それぞれの思いだから

もう誰にも言わないし素振りにも出さないけど

毎日がつれー

何も楽しくないし何も関心がない



迎えるってことは看取るってこと!


それすら考えが甘かった当たり前のことなのに

自分はペットを飼ってはいけない人種なんだと認識

犬は可愛いです

こんな私にすら起きてくると大喜びしてくれて

こんな私なのに必要としてくれるんだもの

一緒に生活した時間は私にとって大きな宝物になったけど

大きな悲しみも与えてくれた

また飼いたいと思うのはフレンチブルドッグだけど

もう2度と飼わない


娘がよく夢にぼーが出てくると言っていた

いいなあ・・・私には夢にも出てきてくれないから・・・

友達と話していると背景のようにそっとぼーが座っていたり

佇んでいるらしい・・・

何もアクションを起こしてくれないし絡んでも来ない

ただ普通に片隅にいるだけなんだって

だから起きてからそういえばぼーがいた!

声をかければよかったといつも後悔するらしい


夢の中でも謙虚なぼー

母さん涙出るよ・・・

いつも見守っているよって言ってるのかなって

いいように考えてまた号泣・・・

ずっとずっと毎日いつも

ぼーとれんに会いたいって思ってるのにもう会えないんだ




















コメント
この記事をはてなブックマークに追加