BosoRadioClub

房総アマチュアラジオクラブ
連絡用ブログ
クラブ員と無線関係者は、左下のカテゴリーRadioへお入りください

おがさわら丸寄港

2017年09月26日 18時29分31秒 | 名所

 本日、たてやま夕日桟橋におがさわら丸が寄港しました。

 14:05接岸、14:25出航、その間に歓迎セレモニーと忙しい寄港です。30分で航路に戻ってゆきました。

 「おがさわら丸」諸元

 おがさわら丸は3代目、2代目より全長を20m延長、総トン数は1.6倍、速度は1.3ノット増加で同出力のエンジンだそうです。

 二見港の最大接岸長に合わせるため船首は垂直な形です。

 船内のデッキが1層増加されたため旅客は125名増加しています。

 就航 2016年07月02日    建造費 約92億円    無線局免許符号 7JWG

 総トン数 11,000トン   全長 150m   全幅 20.4m   満載喫水 5.7m

 推進器 可変ピッチプロペラ2基 バウスラスター2基  スタンスラスター1基

 主機関 JFEディーゼル 19,800KW   航海速力 23.8ノット   旅客定員 892名

 入港です。

 だっぺの歓迎セレモニーが行われています。

 前後のスラスターを使って簡単に接岸してしまいました。早いです。

 アンテナは航海用レーダー2基、右側にHF垂直アンテナ1基、左の船橋上部とマスト上部にVHFアンテナ、艦橋後部にはGPSアンテナが見えます。

 他にファンネルの前にHF垂直アンテナと衛星アンテナがあります。

 出航、だっぺと大漁旗はいつものパターン。

 船首にスラスターの波が立っています、船首側の離岸が早いです。

 桟橋から離れてすぐにその場回転、バウとスタンスラスターを利かせているようです。

 メインプロペラは可変ピッチでエンジンに負荷が掛からないはずですが、この後排気は無色となって小笠原に向かってゆきました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタドリ | トップ | カオス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (A1)
2017-09-27 15:36:35
 お散歩コースの城山からですね。今度、小笠原に行ってみたいと思っています。北条小学校へのヘリコプターの離発着訓練の様子もアップされるのかと思っていたのですが、そちらは、出かけられなかったのでしょうか。
おがさわら丸 (ノラネコ)
2017-09-28 01:15:58
小笠原まで24時間だそうです、運賃も千円ほど安くなっています。
スラスター3基はすごい威力でその場回転していました。
豪華客船のようなスタビライザーはついていないんですね。

災害時の援助物資は船で沼地区の耐震岸壁に降ろすことに決まっていますが、そこから北条小学校までヘリで運ぶということ?
北条小学校に降ろす訓練より、ドクヘリを海自の基地に降ろす訓練をした方が良いです、道の反対側にある極洋船舶で転落事故があったとき、対岸の市民球場まで陸送してドクヘリに乗せたことがありました。

アベノミクスも館山市もやっていることがよく分かりません。
小学生が2日間も騒音で勉強どころではない方が心配です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名所」カテゴリの最新記事