BosoRadioClub

房総アマチュアラジオクラブ
連絡用ブログ
クラブ員と無線関係者は、左下のカテゴリーRadioへお入りください

地域の安全安心

2017年11月11日 12時09分58秒 | どうでも良くない事

 本日、地方新聞に館山市長が市内にある海自館山基地に「施設の拡充」を求めたと書かれている。

 市の発展のためには、基地を大きくして人口を少しでも増やそうという考えのようだ。

 市民の皆さんは良く考えてほしい。

 市長の公約「安心、安全な市にする。」という言葉をもう忘れてしまっている。

 下に地図を表示しましたが、海上自衛隊の位置はご存知ですよね、沖ノ島の東側にある広大な埋め立て地です。

 数年前、鷹の島にある造船所で転落事故が起きました。海上自衛隊基地の隣接地です。

 救急隊が現着して重傷な事例と判断、県のドクターヘリを呼びました。

 着陸地は?誰でも近くて広い自衛隊基地を借りたの?と思いますよね。

 その実は、平久里川河口北側にある「市民運動場」に着陸して、救急車は館山湾をぐるりと4キロほど回っていったのです。

 「人の命は地球より重い。」と言いながら、すぐ隣にある基地の隅っこを解放してくれなかったのか?

 小さな民間機が降りるのに、国の防衛に影響でもあるのでしょうか?

 これがもし自衛官や家族が交通事故にでもあったら門を開けてくれるのか?

 門を開けるのには金もかからない、入る人は決まっているのだから不審者の侵入もない、前もって一筆の文書を交換するだけで済むはず。

 市長さん、あなたが考えているよりもう少し前にやらなければならないことがあるんじゃないですか?

 「安心安全な市」とは違うところを見ていませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加