偏平足

山の石仏を訪ねて放浪中。その折々に出会った石仏を案内。

石仏294八瓶山(茨城)

2010年12月27日 | 登山

八瓶山(やつがめさん) 八瓶供養塔(やつがめくようとう)

2941 【データ】八瓶山 244メートル▼25000地図 中飯▼最寄駅 JR水戸線・笠間駅▼登山口 茨城県城里町の大沢集落▼石仏 八瓶山山頂

【案内】大沢集落の手前の狭い道端に「八瓶山登山口」の標識が立つ。近くに駐車スペースはない。山裾の無住の一軒家の左から尾根に取りつくのだが、生憎雑木を伐採したあとで道は消えていた。伐採地はすぐ終わり、踏み跡程度の2942 2943 急な道が山頂まで一直線に続く。陶製の祠がある先が山頂。祠には「寛文九年(1669)」、今から340年前に笠間市にあった「市原村」の「江幡」という人が造ったとの銘がある。狭い山頂には八つの瓶が円形に埋められている。糠漬けや梅干しなどを漬ける蓋のある茶色の瓶2944 2945 だ。蓋をあけるとそれぞれに水が溜まっていた。山麓に残る伝承では、雨乞い信仰の瓶だとか。その一角に、頭に不動明王の種字・カーンがある「奉再興八瓶供養塔」がある。「文政二己卯年(1819)」の再建であるから、もっと古い八瓶供養塔があったことを示している。建てたのは赤坂・小勝・塩子などの八瓶山山麓の集落と、少し離れた真幡・大網、そして山二つ越えた石寺集落の人達。高さ約1メートルもある供養塔は、小さな山からは想像できない大きなものだった。八瓶山の雨乞い信仰はそうとう広い範囲の人達に期待され、願いを込めて建てられた供養だったに違いない。

【独り言】図書館 山の帰りに時間があれば図書館に寄るようにしています。石仏の情報を探すのが目的ですが、図書館はその土地の文化レベルの象徴ですから、建物2946 と蔵書からそれを推し量るもの楽しみなのです。八瓶山の帰りには城里町の桂図書館に寄りました。郷土資料館を併設し、郷土史料室もある立派な図書館でした。桂村だった10年前に開設したそうですが、これだけの図書館を建てた村はそうありません。これまで見てきた村の図書館といえば、小規模の建物あるいは公民館のなかに一室設けたものがほとんどでした。蔵書では児童書が充実していました。これは最近の町村図書館の特色で、見ていますと実際利用するのは子供連れの主婦・学生が主流です。都市部の図書館のように定年した男性の姿を見ることはありません。コピーは一枚20円で、職員さんが撮ってくれました。これも町村図書館の特徴で、コイン入れ自分でコピーするシステム(一枚10円)は都市部だけのようです。コピー代が一枚30円だった一昔前に比べると、だいぶ安くはなりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石仏293鶏足山(茨城) | トップ | 石仏番外 八丁山(千葉) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。