笑顔で生きていく

感謝しながら言葉と歌詞を拾う
日記は
http://bosatori65.exblog.jp/

在るがままの姿の徹底的な容認ー荻生徂徠

2016年12月31日 | 人間だから

徂徠に言わせれば、
「天地も活物、人も活物」なのであり、
「天地と人との出合候上、人と人との出合の出合候上」の
「無尽の変動」が究極の「実」であり、
これを、人の側からばかり解決しようとするから、
「心法」という名に堕し、天地の側からのみ説明しようとするから、
「理窟」という名に堕するのである。
学問の要は、この「出合」という経験的事実の
在るがままの姿の徹底的な容認にある。


荻生徂徠

*噛みしめていくと心に応える

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 悩みと忍耐においてどれほど... | トップ | A happy new year  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人間だから」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL