オランウータンと熱帯雨林そして地球環境

オランウータンの森を守る、地球環境について考えるNPO法人BOS日本。

NPOボルネオオランウータンサバイバルファウンデーション日本の活動休止の件

2017-03-07 17:12:51 | オランウータン大好きな方

1997年7月に
インドネシア東カリマンタン州のバリックパパン市郊外のワナリサットにあった

オランウータンのリハビリセンターを初めて訪問した時から20年余りになりました。

この間さまざまな個人の皆さんや法人の皆さんにご寄付をいただいたり、

会員として支援をいただきこれまで支援活動を続けてこられたこと

心より感謝申し上げます。

現地側も当時はバリックパパン オランウータン サバイバルソ サエティーという

団体でしたが、その後2003年に現在の財団に改組されました。

現在まで継続して支援活動を行ってまいりましたが、根本的な部分で人的、経済的に支援

をつづけてきました(株)ビーボコーポレーションの事業の縮小のなかで

苦しい運営を強いられてまいりました。

この4年余り他の一般個人や企業から十分に活動資金と人材が得にくい状況に陥っており、

存続について腐心してまいりましたが、引き継ぐべき資産もない状況で、

後継に継承していただくことも困難と判断し活動を休止することいたしました。

オランウータンを取り巻く環境はますます困難になってきておりますが、

BOSインドネシア本部が政府にも後押しされて、

これまで以上に自然界へのリリース積極的に取り組んでおります。

オランウータンの保護の問題が解決したわけではありませんので、

休止は断腸の思いですが自身の体制を立て直すために已む得ない決断を

させていただきますことご報告させていただきます。

なお、今後は「オランウータンの森づくり」につきましては

別のNPOアジア植林友好協会に引き継ぎます。


その他の部分は、一個人としてできる限りオランウータンの

支援にはかかわってまいる所存でございます。
(今後は NGO BOS-Japanとして)

長い間にわたりご支援をいただきました

すべての皆様に心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

BOS日本 宮崎林司



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶滅の危機のオランウータンの森、再生にご支援を

2016-07-26 19:23:06 | オランウータン大好きな方
昨年2015年はインドネシアでもエルニニョの来襲により雨が降らず、極度に乾燥したために

カリマンタン島やスマトラ島で森林火災が発生し、全体で約200万ヘクタール=四国の面積と
同じ、面積がが消失しました。

ばい煙の被害はシンガポールやマレーシアに飛散し、呼吸器の健康被害も発生しました。

東カリマンタン州にあるオランウータンのリハビリセンターの敷地内の森も被災しました。

このために2016年1月から少しづつ植林をしていますが、資金的な問題で植林を拡大できない

状況のためにクラウドファンドに取り組んできました。

28日の23時で締め切りとなり、目標金額に満たないときはプロジェクトが実行できなくなります。

現在のところまだまだ足りない状況なので、心ある皆さんに期待をし、お願いをするしかありません。

とにかく最後まであきらめないで取り組んでいますので、ぜひともご協力を!!

参加していただいた木々は世代を超えて生き続けて、次世代の子供たちにより良い地球環境を

残せます。


プロジェクト案内

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山火事は根こそぎ生命を奪う!

2015-11-07 17:41:40 | オランウータン大好きな方
 エルニーニョの影響で雨が降らず、インドネシア・カリマンタン島、南スマトラの森林・泥

炭地の火災が深刻な状況状況です。

ジョコウ大統領は煙害対策のため、泥炭地の野焼き規制を強化するなど、あらゆる手
段を講じると表明しています。

しかし、200万ヘクタールともいわれる広大な面積のあちこちで燃えている状態を

止める手立てはかなり限られています。

この煙害で、カリマンタン島に生息する貴重な動物、オランウータンも、大きな影響を受けています。

私たち人間と同じようにヘイズの被害を受けて、呼吸器疾患で死亡するオランウータンも出ています。

この火災の被害は、オランウータンに限らず、その地域に生息するすべての生命を奪ったり被害に合わせています。

人間がパームオイルの農園を拡大するために乾期に入って「火」をつけて雨期が来れば鎮火するという予想のもとに行った行為が、

エルニーニョという極端に乾燥する時間がながく、10月に入れば雨期になるはずが、雨が降らず11月に入ってもわずかな雨しか降らない状態が続いているようです。

この人災で森を追われたオランウータンはどれほどか見当がつきませんが、追われて人間の目に触れたオランウータンは保護されて、リハビリセンターに収容されます。

これまでも800頭を超えるオランウータンを収容して、訓練をしてきたBOSインドネシア財団では、さらに主要されるオランウータンがいて、その活動資金が大きな負担になっています。

わたしたちBOS日本が支援を続けている東カリマンタン州バリックパパン市から35キロほどの保護・リハビリ施設「サンボジャ・レスタリ」周辺で8月末から大規模な火災が発生して

施設の敷地1,852ヘクタールのうち250ヘクタールが焼失。

樹齢10-15年の樹木7万8千本が燃えたといいます。同市の消防局、自然保全センター、
州の災害対策局、陸軍などが消火活動に協力していますが、乾季が続く限り終息は見込めないと悲観的です。
 
オランウータンの保護、育成には、世界的な活動の輪が広がっておいますが、まだまだ支援が足りないのが実情です。

過去の木材だけでなく、現在は私たちの食生活など生活の中のあらゆる分野で「パームオイル」のお世話になっています。

これは、オランウータンの生活圏の犠牲により供給されていることを考えて、感謝し、オランウータンの支援のために行動をしていただけることを願っています。

オランウータンの支援するには、BOS日本をご覧ください。

オランウータンリハビリセンターの日常の様子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BOSの所有地が火災被害

2015-10-24 18:12:59 | オランウータン大好きな方
ご存知の方もおられると思いますが、今年もエルニーニョの来襲でインドネシアのカリマンタン島、スマトラ島で森林火災が発生し、煙害が隣国のマレーシアやシンガポールにまで影響しています。

カリマンタン島では南カリマンタンと西カリマンタンで広い範囲の森林火災が発生しています。

このために中カリマンタンににあるニャルルメンテンの保護施設ではオランウータン3頭が煙の被害で死亡したようです。

東カリマンタンにあるサンボジャのリハビリセンターは所有林が30ヘクタールほど被害をうけましたが、オランウータンの被害はなかったのでよかったと思います。

ただでさえ、オランウータンの自然の森へのリリースの費用負担が大きくなっているのに今度の山火事の消火活動やその後の後始末、森の再生など大きな出費が予想されます。

これまで以上に、日本の皆様にも支援がいただけますように願っています。


ご支援をいただく場合は、BOS日本
をご覧になりご検討いただければと存じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オランウータンの悲劇を救うために~小学生5年生の声

2015-09-19 18:29:56 | オランウータン大好きな方
平成21年2月に長崎大学教育学部付属小学校で

オランウータンの現地での様子についてのDVDを

見ていただく機会がありました。

そしてクラスの全員16名が感想文を寄せてくれました。

その中からご紹介します。


「ぼくは、こうすればオランウータンのすみよいくらしを
 
 守る方法を考えました。

一つ目は食糧をたくさんの国からボルネオ島に送ることです。

 そうすれば木を焼いて行う焼畑をしなくてすむからです。

二つ目にサバイバルファンデーションの施せつの土地面積を

 増やすことです。
 そして、ボルネオ島に生息するオランウータンを施せつの中で

 育てれば自然の中で育てることにもなるし、安全だからです。

三つ目に木をうえることです。
 そうすればオランウータンの住む場所が増えるし環境にも

 優しいからです。

このことを実行すればオランウータンのすみよいくらしが

守れると思いました。」


一度DVDを見ただけで、こんな考えを述べられる小学生

素晴らしい感性だとあらためて感じさせられました。

食糧をボルネオ島に送って焼畑をやめてもらうという発想は

問題解決のための一つのすばらしいと思います。

私たちはそのことはできていませんが、施設内の土地で

「オランウータンの森づくり」

を行っています。
オランウータンを自然界にリリースするためにインドネシア政府

から、保護林として活用するための林区権を買い取り、

3年前から自然復帰、リリースを行っています。

人間活動により自然の森が激減して、

オランウータンが住める森が無くなっていることが大きな

問題です。

このことは、私たち人間の生活にも「異常気象」という

形で影響をしています。

人間の所業、ライフスタイルを改めることが一番の

解決策ではないでしょうか?

★オランウータンを知っていただくために
オランウータンガイド」(株)MOJICさんがボランティアで
 制作してくださいました。


★オランウータンのかわいいスタンプを長山仁彦さんがボランティアで
 制作してくれました。
 ぜひ、活用していつもオランウータンンを身近に感じてください。
 オランウータンのスタンプ
  http://line.me/S/stickr/1184748
コメント
この記事をはてなブックマークに追加