borinner

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

【Acer AC13F8L】高品質AC13F8L互換バッテリー

2017-06-15 15:51:34 | Acer
http://www.note-pc.jp/acer-AC13F8L-notebook-pc-battery-178245.html
ACER バッテリー
格安Acer AC13F8LノートPCバッテリー, ACER互換用バッテリー , 1年保証、PSE認証、ご安心購入, 新品ACER互換用 大容量 ACER AC13F8L 互換バッテリー, Acer Iconia Tab A1-A810 Tablet Battery AC13F3L 1ICP5/60/80-2の格安通販... 代替できる部品品番: AC13F8L

商品詳細ページ :Acer AC13F8Lバッテリー>>AC13F8L Batterij>>AC13F8L Replacement Laptop Battery UK>>Acer AC13F8L Akku
互換品番
AC13F3L AC13F8L (1ICP5/60/80-2)
対応機種
Acer Iconia Tab A1-A810 Tablet
NOTE-PC.jp :ここではノートPCの電池、ノートパソコンのACアダプタ、PC周辺機器、エレクトロニクスの専門通販。
「バッテリーを長持ちさせるには」
●ACアタフタをコンセントに接続したままでパソコンを8時間以上使用しない場合は、バッテリーを長持ちさせるためにもACアダプタをコンセントからはずしてください。
・・・要するに過充電になって寿命を縮めてしまうので、使わないときはACアダプタをコンセントから抜けと言うことです。
●1ケ月以上の長期間バッテリーを使わない場合は、パソコン本体からバッテリーパックをはずして、風通しの良い涼しい場所に保管してください。
・・・このときも50%充電で保存が好ましいとのこと。100%充電で保存をすると寿命に影響を与えるとのこと。
●1ケ月に1度は、ACアタプタをはずしてバッテリー駆動でパソコンを使用してください。
・・・いまひとつ東芝の説明も理解できませんでした。どうやら、バッテリーが寿命がきているかどうかとか、パソコン内部の充電回路が正常かどうかのチェックになるから?のようでした。それと空っぽになっていざ使うときにあわてないように時々充電しろと言う意味が強いようです。
その際には、パソコンを使用する前に次の方法で再充電してください。
l パソコン本体の電源を切る 2 パソコン本体からACアダプタをはずし、パソコンの電源を入れる
  電源が入らない場合は手順4へ進んでください。
3 5分程度バッテリー駆動を行う
  この間、Battery表示用LEDが点滅するか、充電量が少なくなった等の警告が表示された場合は、すぐにACアダプタを接続し、手順4へ進みます
4 パソコン本体にACアダプタを接続し、電源コードをコンセントにつなぐ
  DC IN LEDが緑色に点灯してBattery表示用LEDがオレンジ色に点灯すると、充電が開始されます。 5 Battery表示用LEDが緑色になるまで充電する
  バッテリーの充電中はBattery表示用LEDがオレンジ色に点灯します。
  DC IN LEDが消灯している場合は、通電していません。ACアダプタ、電源コードの接続を確認してください。
本店の注目商品!電池 パック

携帯電話のバッテリーLenovo BL272
Lenovo Smartphone
容量:4000mAh 電圧:3.8V/4.35V

携帯電話のバッテリーMOTOROLA 55-060112-05
Symbol MOTOROLA MC3000 MC3100 MC3090 IMAGER Scanner
容量:2740mah 電圧:3.6V/3.7V

携帯電話のバッテリーSONY LIS1489ERPC
Sony Xperia acro S LT26W
容量:1840mAh 電圧:3.7V

携帯電話のバッテリーASUS C11P1404
ASUS Zenfone 4 A400CG
容量:1540mAh 電圧:3.8V

携帯電話のバッテリーHTC BM35100
HTC One X G23 S720E One X+ S728E 720T 2100mAh with tools
容量:2100mah 電圧:3.8V
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  『Acer AC13A3L』バッテリー... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »

コメントを投稿

Acer」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。