samuraiがお届けするカレープラスα(アルファ)を徒然なるRockな日々の雑感とともに。
カレー侍 (Curry Samurai)



samuraiです。

今日は高円寺にある『スパイスカレー 青藍(せいらん)』というお店にやってきました。



こちらは高円寺の『ニューバーグ』の支店として
25年の歴史を誇る『MASH』の跡地に入ったお店です。
うーん、色々な思いが胸をよぎりますが、
コレは期待出来そうですね!
(´▽`)ノ

それでは行ってみますか!!



店内は往時のMASHそのまんま。
まあ、居抜きというのが正しいでしょうか。
お店はカウンターのみ14席というのも変わってないですね。
この一種山小屋チックな内装が、
当時の高円寺住民にはすごくウケてましたね~。
(゚▽゚*)

さて、メニューはこちら。



メニューは基本「スパイシーチキンカレー」のイチオシ体制。
そこに、さまざまなトッピング、
そして、平日はポークジンジャーキーマがあるらしいですね。



まあ、ココは基本に忠実に「スパイシーチキンカレー定食(900円)」に
せっかくなので「季節のポテトサラダ(250円)」をチョイス。

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉぉ、なんでしょう、このインスタ女子映え泣かせな見た目はw!!
いや~、実にスバラシイですね!!
(*^▽^*)

まず、こちらが「白菜の柚子漬け切り昆布和え」。



この時期特有の白菜の甘みと歯触りが最高な上に、
ゆずの香りがふんわりと。
コレは箸休めにもってこいですね~!!
(ノ*^▽)ノ

こちらは「キャロットくるみラペ」。



ラペというと、フレンチのアペタイザーが定番ですが、
こちらはクミンがしっかり効いていて、インドの顔を覗かせます。
くるみの食感も非常に好印象ですね!
(*^¬^)ノ

そして、「アンチョビキャベツ」。



アンチョビの塩気に、キャベツの甘さがグッときますね~。
これまた酒にベストマッチですね!
(ノ・∀・)ノ

そして、こちらが「季節のポテトサラダ」。



この日は春菊のポテトサラダ
春菊という苦味の強い食材とポテサラが合うのか半信半疑でしたが、
コレがまあ実に合うことw
ライスのお供から、ビールのアテまでピッタリですね!!
(*゚∀゚*)

さて、肝心のカレーがこちら。



固めに炊かれたターメリックライスの、黄色い山脈を向こうに眺めながら
目の前に広がる、香しき茶色の大河
上に散らしてある紫玉ねぎのあしらいが、また絵になりますね~!!
(・▽・)

それではいただきますか。



まず一口目から感じる、ガツンとしたスパイス感が非常に印象的!
よく見ると、ホールのクローブカルダモンブラックペッパーがゴロゴロと入っていて、
ジャリジャリとしたスパイスの歯触りを感じるコトが出来ますね!!
花椒の痺れ感もあり、麻・辣・辛が三位一体でバチコンときますね~!
(*^▽゚)



お店のキャッチフレーズは「香りを食べるカレーライス」。
その名の通り、目がバチンと覚めるようなスパイスの香りが
口中いっぱいに広がります。
スパイスがゴロゴロ入っていますが、辛さは非常に適度で、
辛いモノが苦手な方でもギリギリいけるレベルかと。
僕個人的には、かなりツボな感じです。
惣菜のレベルもどれも高く、非常にグレードの高いカレーですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ スパイス ビッシバシーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

カレーおよび副菜のレベルの高さ
そして何より、スパイスをアタマから被るかのごとき
全力怒涛のスパイス感!!
ココ最近、大阪のスパイスカレーが人気を博していますが、
コレは東京からの強烈なカウンターパンチといえるでしょう!!
(゚∀゚)ノ



『MASH』がなくなるのは本当に寂しいですが、
この地で25年歴史を紡いできたお店の後を張って
是非ガンバっていただきたいですね!!

こちらは間違いなく電車を乗り継いででも行く価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『スパイスカレー青藍』

住所:東京都杉並区高円寺北2-41-15

電話:03-5327-8342

営業時間:11:30~14:00/18:00~21:00

定休日:水曜


GABAN 純カレーパウダー
クリエーター情報なし
ギャバン



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は下北沢にある『スパイスラーメン 点と線』というお店にやってきました。



こちらは2017年7月18日に出来たばかりのお店。
お店は下北沢南口から商店街を王将方面に下り、
5分ほど行った左手のビルの2階にあります。



こちらは、こちらのお店が手掛ける新たなお店の業態。
なるほど、スープカレーラーメンのスープは親和性がありそうですね。
コレは楽しみですね~!!
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル席併せて18席ほどでしょうか。
白と黒を基調とした店内は、新しいだけあって非常に清潔感溢れてますね。
ラーメン屋というよりは、オシャレなカフェのようですね~。
(*゚▽゚)ノ

さて、メニューはこちら。



基本はスパイスラーメン一択
そこに辛さを上げたり、トッピングを追加していくスタイルですね。

まあ、ここは基本に忠実に「スパイスラーメン(950円)」をチョイス。

さて、待つこと10分。カレーいやラーメンがやってきました。



ほ~、コレはまたビジュアル映えする見た目ですね~!!



ラーメンの上には砕いたナッツ、紫玉ねぎ、かいわれ、糸唐辛子、ニラ、キクラゲ、そして食用菊!!
正直、菊の花がのったラーメンは初めて見ましたw!
(◎□◎;)



具材は半熟卵が半分、そして、とろとろのチャーシューが一枚入ってます。
ドンブリサイドにはレモンが刺さってますね。

そして、手前の揚げゴボウの存在感!
(=゚Д゚=)ノ



こちらは『侍』でもメインを張る具材。
やはり、こちらでも外せない具材ですね~!
個人的には揚げブロッコリーも入れて欲しかったですが。
( *´д)ノ

それではいただきますか。



まずはスープを。



非常にすっきりとしたスープは、辛さはレギュラーでも
それなりにしっかりした辛さ
スパイスの萌芽もしっかりと香ってきますが、
あくまでもそこはラーメン
ギリギリのところでカレーに持っていかれず、
非常にイイバランスを保っていると思います!!
(*^¬^)ノ

では、麺を。



麺は中太の縮れ麺。スープとの絡みもよく、とても食べやすいですね!
具材が様々に入っているので、それぞれの食感も楽しめ
食べ心地がとても楽しいですね!!
(*^▽^*)



とろとろのチャーシューも美味ですが、
やはり、スープを存分に吸った揚げゴボウ最強ですね!
スープも麺も具材も、丁寧に作ってあることが如実に分かり
実にグレードの高いカレーいや、ラーメンだと思います!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ キクノゴモンーー!!

ということで、こちらはガチもガチですね!!

カレーラーメンというくくりでは、北海道では室蘭などでは一般的ですが、
なかなか東京周辺では認知度が低いです。
是非、風穴を開けるお店になってほしいですね!!
(゚∀゚)ノ



まず、見た目のキャッチーさ、そして、カレーとラーメンという人気の組み合わせ、
こちらはこれから確実に話題になるお店へと進化していくでしょう!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『スパイスラーメン 点と線. 』

住所:東京都世田谷区北沢2-14-5 2F

電話:非公開

営業時間:11:30~15:00/17:30~22:00

定休日:無休


元祖 味の大王 カレーラーメン2人前
クリエーター情報なし
㈱菊水



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は三軒茶屋にある『カフェ ゆうじ屋』というお店にやってきました。



こちらのお店は三軒茶屋の飲み屋街である
通称「三角地帯」の程近くにあります。
こちらのお店の近くというと分かりやすいでしょうか。
駅からも非常に近い好立地ですが、お店は奥まったところにあるため
見逃さないように注意が必要ですね。
(・▽・)

まずお店に入る路地がコレ。



なんでしょう、この人の敷地内に無断で進入するような感じはw。
うわぁ、入りづれぇww
(゚◇゚;)

が、このまま路地裏を進むと、左手に入り口があるので
勇気を持って入りましょうw。



それでは行ってみますか!!



店内は1階と2階があり、1階はカウンター席、2階がテーブル席になっています。
元は古民家だったところを改造してカフェにしているスタイルですね。

2階はこのようになっています。



椅子席とテーブル席があり、2階はなかなかに広めの空間。
どちらも雰囲気が非常にイイですね~。
ゆったり過ごすなら2階の方がオススメですね。
(・ω・)

さて、メニューはこちら。



以前は”くんせいカレー””チキンカレー”などもあったのですが、
お店の方針変更により、カレーは現在は”ビーフ””野菜”
ツートップ体制となったようです。
その他にジャークチキンサンドイッチ、キッシュなどもありますね。
(´・ω・)

デザート類もなかなか豊富です。



ということで、「ビーフ野菜ミックス(1,200円)」に
コーヒー(+100円)」をチョイス。

さて、待つこと15分。カレーがやってきました。



ほ~、なかなかに独創的な見た目ですね~!!
(=゚Д゚=)ノ

カレーにはサラダが付いてきます。



こちらはレタスメインのシーザーサラダ
ボリュームなかなかあって、箸休めにイイですね~。
(σ'∀')

さて、カレーはこちら。



平皿の上は、ライスと具材の万華鏡
具材の存在感も大きいですね~。
(o=ω=)o

まずこちらがライス。



結構こんもりと盛られていますね~。
上にはフライドオニオンパセリがかかっています。

さて、カレーはこちら。



具材は牛肉、ゆで卵、にんじん、ナス、ししとう
具材だけ見ると、スープカレーのようですねw。
(^▽^;)

ルーはこちら。



粘度はさらさらとドロっとの中間ぐらい。
ほ~、コレは楽しみですね。

それではいただきますか。



ルーは欧風系に分類してもいいかと思いますが、
カルダモンクミンが香る、すきっとした仕上がり具合。
野菜の溶けた甘さとざらつきを感じられて
非常に丁寧に作られているのがうかがえます。
辛さはブラックペッパー主体ですが、穏かな辛さですね。
(゚▽゚*)



卵は半熟状態でカレーの海で煮込まれていて
まるで煮卵のようで美味。
(´▽`)ノ

そして、何と言っても主役のビーフ!!



ゴロゴロと入った牛肉は、スプーンで簡単にほぐれるぐらい
しっかりと煮込まれていて、これまたかなり美味!!
食べ応えもバツグンですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ユージカムバックーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

カレーは非常に丁寧に作られていて、食べ応えも満足。
女性のお客さんが多いですが、男性も確実に満足出来るでしょう!!

またデザート類が豊富な上に、セットドリンクのお値段もお安いので
ゆったりと過ごすには、この辺りでは最高の選択肢かと思います!!
(゚∀゚)ノ

特にシフォンケーキがイチオシとのことです。
また、通し営業というのもウレシイポイントですね!
古民家系カフェが好きな方にはマストだと言えるでしょう!!

こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『cafe ゆうじ屋』

住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-14-22-102

電話:03-3418-6671

営業時間:12:00~22:00

定休日:火


なとり THEおつまみBEEF厚切ビーフジャーキー 41g×5袋
クリエーター情報なし
なとり



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は銀座にある『はるかなるカレー』というお店にやってきました。



こちらは銀座西六丁目の交差点を入った雑居ビルの2Fにあります。
ええ、銀座『DELHI』のすぐ近くですね。

で、お店に行くには1F奥の階段を昇っていきます。



昼間でもこの薄暗さw
いや~、入りづらいww!!
(;゚д゚)

そして、入り口がこちら。



このポップな張り紙がなければ、
扉を開けるのも憚られる感じですねw。
では、勇気を持って行ってみますか!!



店内はカウンターのみで7席ほど。
スナックの居抜きというよりは、スナックそのものですねw。
(゚◇゚;)

さて、メニューはこちら。



メニューはカレー1種類のみと、非常に分かりやすい構成。
そこにトッピングがいくつか。

ということで、選択の余地はないので「はるかなるカレー(1,000円)」を注文。

カウンターの上にはその日のカレーの具材が並べられているのが
とても分かりやすくてよいですね。
こちらの野菜は全てオーナーのご実家で取れたという代物。



さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



おぉ~、これはなかなか豪快な盛り付けですね!!
(´ω`)

まず、こちらがライス。



ライスは固めに炊かれた玄米
こちらの玄米もオーナーのご実家から送られて来るそうです。
その横にオリーブ、パプリカ、手羽元がゴロゴロと入っています。



野菜はきゅうり、玉ねぎ、キャベツ、レタス、ジャガイモ、パプリカ、エリンギ等
カレーというよりは、農家のおうちの弁当といった見た目ですねw。
(´▽`)ノ

それではいただきますか。



ルーは非常にシャバシャバで、さらっとした口当たり。
辛さも控えめで、盛り付けの豪快さとは裏腹に
実にさらりとした食べやすさですね。
カレールーというよりも、野菜を食べるソース的な位置付けと考えると
分かりやすいかもしれません。
(σ'∀')

こちらは手羽元



豪快な太さの手羽元が二本、ごろりと入っています。
肉は骨からするりと剥がれるぐらい、しっかりと煮られていて
ルーとの親和性もバッチリですね~!!
(*^▽゚)



固めの玄米はシャバシャバのルーとの相性がよく、
お米の甘みを感じられますね!
盛り付けは豪快ですが、全体的に素材の味を大事にした
非常に優しいカレーだと思います!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ハルカ カナターーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

お米もお野菜も農家直送なので、非常に新鮮!
食べている時もそうなんですが、
食後も胃もたれなど一切になく、
実に身体にイイカレーと言えるでしょう!!
(゚∀゚)ノ



都会のど真ん中で、野菜たっぷりな
農家の味を味わえる、実に貴重なお店だと思います!!

このあたりに来たら立ち寄ってみて損のないお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

はるかなるカレー

住所:東京都中央区銀座6-2-6 ウエストビル 2F

電話:03-3572-4506

営業時間:12:00~18:30(目安です)

定休日:不定休


【わけあり】ボリューム満点!!高知の新鮮野菜詰め合わせセット【20品+】
クリエーター情報なし
旬果旬菜


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は三軒茶屋にある『kirin(キリン)』というお店にやってきました。



こちらは三軒茶屋の三角地帯を抜け、
ゆうらく通りに入って、左手の路地にあります。
先日行ったこちらのお店の2階にあります。
駅からも程近く、立地はなかなかですね~!
(・▽・)

で、2階に上がるとこんな感じ。



ええ、完全に人んちですw。
若干の入りづらさは否めませんが、勇気を持って扉を開けてみましょうw。
(´Д`)

それでは行ってみますか!!



狭い扉とは裏腹に、店内は意外にもかなり広々。
カウンター・テーブル併せて20席ほどでしょうか。
このごちゃごちゃとした飾り付けが
遊牧民チックなアレで、なかなかイイ感じですね。
(´▽`)

さて、メニューはこちら。



お店の感じからカフェっぽいメニューを想像してましたが、
お肉ものから魚介ものなど、
なかなか一癖あるメニュー構成ですねw。
”クセの強いチキンカレー”ってww。
(;゚д゚)

ということで、お店名物のチキン南蛮
クセの強いチキンカレーを一度に味わえるという
南蛮カリーランチ(1,100円)」をチョイス。

さて、待つこと5分。まずは前菜が出てきました。



この日の前菜は「柿の生ハムのせブラックペッパー風味」。
塩気の効いた生ハムに、柿の甘さ、ブラックペッパーの辛さが
絶妙に絡みますね~!!
( ・∀・)ノ

さて、さらに待つこと15分。カレーがやってきました。



ほ~、なかなかイイ彩りですね~!!

まず、こちらがライス。



ライスはオムライス型で、上に胡麻が振られています。

さて、チキン南蛮はこちら。



こちらのチキン南蛮は俵型。
タルタルソースなど付いていないところに
直球勝負の潔さを感じますね~!
(σ'∀')

さて、カレーはこちら。



カレーは玉ねぎ、トマト、鶏肉だけを使用した
無水調理パキスタンスタイルだそうです。
へ~、コレは楽しみですね~!!
(*゚▽゚)ノ

それではいただきますか。



ルーは無水調理ということもあり、非常に濃厚な口当たり。
表面の油膜に包まれた鶏肉は、とても柔らかく、
カルダモン系のスパイスがふわっと口の中に広がります。



で、ココで気付いたんですが、
コレ完璧に白楽の『サリサリ』のカレーじゃないですか!!
∑(゚Д゚)

サリサリほど鶏の繊維がパラパラではないですが、
味のベクトルは完全に一致!
コレはウレシイ誤算ですね~!!
(゚▽゚)ノ



もちろん、お店イチオシのチキン南蛮も非常に美味。
カリッとした衣の中から、じゅわっと肉汁が溢れてきます。
こちらも非常にライスとの相性がイイですね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ハテノハテマデーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

まさか三軒茶屋で、あの『サリサリ』スタイルのカレーを味わえるとは!!
こちらのカレーがサリサリに薫陶を受けたかは分かりませんが、
とりあえず同じベクトルの味がいただけるのは間違いないですね!!
(゚∀゚)ノ



ランチはチキン南蛮とカレーの他に、
魚介系のプレートもあり、ドリンクやデザートも豊富。
お店も隠れ家的で広さも十分にあり、
この辺りでゆっくりランチを楽しみたい方には
是非オススメしたいですね!
夜はバー営業になるので、そちらも要チェックですね。

こちらはわざわざ訪れて損のないお店ですよ~!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『kirin(キリン)』

住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-11-11 2F

電話:03-6385-1162

営業時間:12:00~15:00/18:00~23:00

定休日:土曜


【2017年リニューアル】 新・キリン 一番搾り 350ml×24本
クリエーター情報なし
キリンビール


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は銀座一丁目にある『ニューキャッスル』というお店にやってきました。



こちらは銀座一丁目駅から徒歩1分ほどにあるお店。
以前の立地から、ほんの少しだけ離れたとこの地下に
移転されました。



創業は1946年と、今年で71年目を迎える、
東京のカレー屋の中でもかなりの古株
現在は3代目がお店の味を守っています。

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル席併せて10席ほどでしょうか。
非常にこじんまりとしていますね~。
カウンターの中にいるのが、現在の3代目のマスターですね。

さて、メニューはこちら。



品川から川崎に至るメニュー表記も、このお店独自のものですね。
ついでに言うと、カレーライスではなく、
カライライス」というのがこちらの正式名称です。

ということで、「つん蒲ダブ玉(900円)」に「サラダ(350円)」をチョイス。
ちなみに”つん蒲”は蒲田の先(つまり大盛り)、
ダブ玉玉子2個の目玉焼きのことです。

さて、待つこと3分。まずサラダがやってきました。



サラダはレタス・水菜・にんじんが主体ですね。
けっこうボリュームもありますね。



ドレッシングは酸味が効いていて、非常にさっぱり。
箸休めにはもってこいですね!!

さて、さらに待つこと5分。カレーがやってきました。



どうでしょう、このビジュアルにこれ以上説明が必要でしょうか?

カレーライスの上に目玉焼きをのせたのも
日本でこのお店が初とのこと。
いや~、70年の歴史をカンジさせますね!

それではいただきますか。



ルーは一口目は甘く、その後すぐに辛さがやってきます。
非常にイイバランスですね~!
とろみのあるルーは、一見重たそうにも見えますが、
以外や口当たりは軽くて滑らか。
まさにザ・洋食というカンジのカレーですね!!



玉子と混ぜていただくと、黄身の濃厚な風味が
カレーの濃厚さと混じり合い、
非常に旨み溢れる状態に。
安心していただける、進化した昭和のカレーですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!

ということで、こちらはガチですよ!!

先代が引退し、一時期お店の存続すら危ぶまれましたが、
心機一転ガンバっていただきたいですね!!

老若男女誰からにでも愛される、
非常に万人受けするカレーだと思います。
やはりこういう火は絶やしてはいけないですね~!
二号店が神田に出来たということで、是非応援したいですね!



ということで、こちらはわざわざ来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


※前回の記事はこちらです。


【お店情報】

『ニューキャッスル』

住所:京都中央区銀座2-11-1 B1

電話:03-6264-0885

営業時間:11:30〜16:00

定休日:月・祝


新宿中村屋 純欧風ビーフカリーあいがけ (90g×2)×2個
クリエーター情報なし
中村屋


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は秋葉原にある『欧風カリーM』というお店にやってきました。



こちらは秋葉原駅から昭和通りを横切り、
三井記念病院方面に5分ほど歩いたとこの路地裏にあります。
壁の「M CURRY」の文字が映えますね~。
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内はカウンター・テーブル席併せて14席ほど。
こじんまりとしていますが、木の壁の暖かさに
清潔感があって、お店は非常にキレイですね~。
お店はマスターお一人で切り盛りしています。

さて、メニューはこちら。



こちらは券売機スタイルですね。
大盛りでも料金が変わらないのも男性にはウレシイですね。
(´▽`)

ということで、「牛すじ野菜カレー(普通盛り)(830円)」をチョイス。

そして、こんな文字を発見。



ええ、頼まないワケがないですねw。



この値段だと、発泡酒かな?と思いましたが、
ビールはキリン一番搾り
はい、大事なトコだから試験に出ますよ~w。
コレは酒呑みとしては、ウレシイ誤算ですねw!
(*゚▽゚)ノ



カウンターの上には福神漬けと、なぜかハバネロソースが。

さて、待つこと3分。まずは前菜が運ばれてきました。



まずこちらが大根の焼酎漬け



ぽりぽりと軽い口当たりで、いくらでもいけそうです。
コレは箸休めにピッタリですね~!!
(σ'∀')

そして、もやしと白菜のラーパーツァイ的なもの



こちらはブラックペッパーが効いていて
ビールとの相性バツグン!
いや~、コレはたまりませんね!
( *´д)ノ

さて、待つこと15分。カレーがやってきました。



おぉ~、コレは実に色鮮やかな見た目ですね~!!

まず、こちらがルー。



欧風カレーを謳っていますが、かなりさらさらとしてます。
へ~、コレは意外ですね~。



玉子
はルーと絡まり、しっかり煮込まれています。

そして、何と言っても野菜!!
(=゚Д゚=)ノ



ライスの上に、キャベツ、しし唐、ナス、しめじ、玉ねぎ、パプリカなどの野菜炒めが
どーんとのっています!
いや~、コレは存在感ありますね~!!
( ´∀`)ノ

それではいただきますか。



ルーはさらっとしていて、欧風の重さは全く皆無
大量の玉ねぎが溶け込んでいて、実にさらっといただけます。
ルーはフェンネルなどのハーブの香りが漂い、
なるほど、ココは欧風なのかなと思いますが、
驚いたのは山椒が香ること!
既存の欧風とは全く違う、実に珍しいスパイス使いですね~!!
ヾ(´▽`)ノ



牛すじは実に柔らかく、全く臭みもなく、ぷるんぷるん
口唇の中でエロティックさすら感じますねw。
ルーとの親和性も非常によく、さすがお店の看板を張る実力ですね~!
(*^¬^)ノ

そして、野菜炒めを。



野菜炒めは絶妙の歯応えで、コレだけでライスがバクバクいけそうなぐらい
非常に美味!!
カレーとの相性もバツグンで、カレーの味を邪魔しないどころか
むしろお互いを引き立てあう相乗効果すら生まれます。
このバランス感はスゴイですね!
実にグレードの高いカレーだと思います!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ エムカレーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

特にこの手の野菜好きの方なら、絶対に間違いないので
是非行っていただきたいですね!!
(*^▽゚)

ということで、入店当初からずっと気になっていたこと
こちらのお店の名前は『M CURRY』。
そう、カレー好きなら笹塚にあった、あの「伝説の名店」を思い浮かべる方も多いでしょう。

で、食べ終わった後に勇気を持ってマスターに聞いてみました。
僕「お店の名前は、何故『M CURRY』なんですか?(ドキドキ)
マスター「あ、私の苗字が松岡だから、そのイニシャルから取りました。
僕「・・・(お、おぅ)
なので、『M's Curry』とは全く関係ないことが判明しましたw。
(^▽^;)

とはいえ、こちらのカレーは非常に独創的であり、
日々進化を遂げているようです。

カレーのグレードも高く、常時新メニューを開発しているという
研究熱心な店主のもと、これからの飛躍を期待したいですね!!
(゚∀゚)ノ

この辺りに来たら、迷わず訪れて損のないお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『欧風カリー M(おうふうかりー えむ)』

住所:東京都千代田区神田和泉町1-7-13

電話:不明

営業時間:11:00~21:00(日は15時まで)

定休日:不定休


エム・シーシー食品 100時間かけたスパイシーチキンカレー 200g×5個
クリエーター情報なし
エム・シーシー食品



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は恵比寿にある『グッドラックカリー(GOOD LUCK CURRY)』というお店にやってきました。



こちらは2017年5月に出来たばかりのお店。
お店は恵比寿駅から明治通りを渋谷方面に下り、
東三丁目の交差点を左折して橋を渡ったところにあります。
駅からは徒歩10分程といったとこでしょうか。

Don't worry be curry !(心配すんな、お前もカレーになっちまえよ!)
という看板が力強くてイカしてますねw!
(´▽`)



それでは行ってみますか!!



店内は2人掛けのテーブル席×5脚で10人ほどのこじんまりとしたお店。
壁のポートレートや、アメリカンな看板、フィギア類など
マスターの趣味が色濃く反映されていますね。
僕的にはかなりツボな感じですw。
(・▽・)

さて、メニューはこちら。



メニューは週替りのカレーがそれぞれ2種類。
それに、パクチーのトッピングという、非常にシンプルな構成。
ドリンク類も良心的な値段設定ですね~。
カレーはもちろん、合いがけも可能です。
ということで、「W CURRY(900円)」をチョイス。

さて、待つこと5分。カレーがやってきました。



いや~、何でしょうか、このビジュアライズドな見た目は!!
お皿のブルーとの対比が実にイイですね~!!
(σ'∀')

まずこちらが、サグカレー



ライスの上に置かれたこんがりとした焼き色のベーコン
また食欲をそそりますね~!!
( ´∀`)ノ

付け合せはこちら。



手前からバナナのチャトニ、大根のウールガイ、柿のライタ
バナナのチャトニは、カレーと混ぜることにより、
さらにその美味さを発揮するという、多層構造ですね!
(*゚▽゚)ノ



葉物
のドレッシングは酸味の効いたタイプで
箸休めとしての存在感もバツグンですね。

そして、こちらがエビカレー



エビ好きとしては、期待感が高いですね~!!
(*´ω`)

それではいただきますか。

まずはサグカレーから。



ほうれん草の存在感がかなりしっかり出ていて、
パニールの濃厚さと、トマトの酸味が、それをしっかりとサポート。
どことなく、魚介っぽい和ダシの雰囲気も感じさせ、
ライスがいくらでもイケそうですね!!
(*^¬^)ノ



ベーコンチャトニの組み合わせがまた非常によく、
スパイス感もゴロゴロと。
食べ進むうちに新しい発見がありますね~!!
非常にグレードの高いカレーだと思います!!
(=゚Д゚=)ノ

では、エビを。



まず、一口食べて驚きました!
完全にエビ!エビの風味が香るとか、そんなレベルじゃない、
まさにエビですよ、奥さん!!
(゚◇゚;)

ルーは非常にさらっとしていて、シャープな辛口
そこに漂う、エビ以外の何者でもない存在感!
コレはエビ好きにとって、エビぞるぐらい衝撃ですね!
こちらも実にグレードの高いカレーですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ グッドラックーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですね!!

お店のマスターは代官山の魚介が有名なビストロ『Ata』の出身らしく、
このエビカレーはさすがと言わざるを得ない美味さですね!
盛り付けも非常にキレイで、まさにお皿の上のフルコースといった感じですね!!
(゚∀゚)ノ



パッと見は大阪系のスパイスカレーのようにも見えますが、
それとは一線を画す、非常にオリジナリティ溢れるカレーだと思います!
スパイス使いも実に巧みであり、全体的なクオリティはスバラシイものがありますね!!
この日はカレーパンが売り切れでしたが、
カレーパンの評判も非常にイイので、次回は試してみたいですね!

ということで、こちらはわざわざ電車に乗って来る価値のあるお店ですよ~!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『グッドラックカリー(GOOD LUCK CURRY)』

住所:東京都渋谷区東3-21-1 2F

電話:03-3407-9630

営業時間:11:30~20:00

定休日:日


フード・スナガ. GOOD SELECT CURRY 角切りビーフカレー 180g×5個
クリエーター情報なし
フード・スナガ.


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は下北沢にある『旧ヤム邸 シモキタ荘』というお店にやってきました。



こちらは下北沢駅南口から王将方面へ下り、
徒歩5分ほど行った先の左手にあります。

こちらは2017年7月20日にオープンしたばかりの
大阪スパイスカレー界を代表するお店。
オープン前からかなりカレー野郎たちの中では
話題に上ってましたね~!!
(=゚ω゚)ノ



それでは行ってみますか!!



もともと駄菓子屋だった店をかなり和風に改造した店内は
オリエンタルな雰囲気漂う、不思議な和の空間。
カウンター・テーブル席併せて14席ですが、
正直かなり狭いというか、こじんまりとしてますねw。
(^▽^;)

壁の柱時計もイイ雰囲気。



さて、メニューはこちら。



こちらのお店の最大の特徴は、
カレーが全て”キーマカレー”であるということ。
そして、そこにスープカレーがセットで付くという
非常に独創的な組み合わせになっています。
(゚ロ゚;)

メニューも「あいがけ(1,100円)」と「ぜんがけ(1,350円)」の二種類のみ。
ということで、ココは迷うことなく「ぜんがけ(1,350円)」をチョイス。

さて、待つこと15分。カレーがやってきました。



いや~、実に心躍らされる見た目ですねw!!
( ・∀・)ノ

まず中央部にライス。



ライスの上には玉ねぎのアチャール角切りのトマトかいわれ
彩りよく並べられています。
ライスは固めの玄米ですね。
(゚▽゚)ノ

そして、まずこちらが「多層ハーブ香る!ポーク&鮪の夏キーマ、辛にが緑豆チャトニのせ」。
(長いなw)



お次は「キャベツとメティリーフで作る鶏キーマに砂ぎもと赤万願寺炒めのせ」。



さらにこちらが「色々野菜入りmix粗引き牛豚キーマにトマトチリソースがけ」。



そして最後に「ニラとパセリを効かした鶏ガラ香味スープカレー」。



メニュー名からも分かるように、どのカレーもかなりのオリジナリティ
しかも、コレが全てキーマカレーというのが、また驚きですね!!
(;゚д゚)

それではいただきますか。



まずは「ポーク&鮪の夏キーマ」から。



ポークのしっとりとした口当たりに、
カスメリティが芳醇な香りをプラス。
上にのった緑豆のペーストが、ほのかな苦味と甘みを演出し
かなり重層的な味になっていますね!
いや~、のっけからレベル高いですね~!!
(´ω`)

お次は「鶏キーマ」。



こちらはメティリーフが香る、実にさっぱりとした口当たり。
キャベツ鶏肉という淡白な組み合わせながら、
粗引きのキーマの食感とあいまって、これまた実に美味!
なるほど、同じキーマでもこうも違うんですね~!!
(≧∇≦)

そして、「牛豚キーマ」。



こちらはカルダモンカレーリーフがぐっと香る、
実に大人な雰囲気のキーマ。
トマトソースと牛豚の組み合わせが、どこかハンバーグを思わせる、
意外性のある組み合わせですね~!!
(σ'∀')

で、ある程度カレーをいただいたところで、
スープカレー」を器に投入。



それでは、いただきますか。



スープを入れると、全てのキーマが混ざり合い、
非常に複雑なスパイスの香りに鼻腔がくすぐられます。
ニラの風味もよく、〆として実に秀逸ですね!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ウェルカム トウキョウーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですね!!

大阪を席巻したカレーの実力は、やはりガチでしたね!
アイディアといい、独創性といい、
既存の枠組みにはまらない、実にユニークな切り口ですね~!!
(゚∀゚)ノ

カレーは辛さというよりも、スパイスを全面に押し出した形で
まさに「スパイスカレー」という言葉がぴったりです。

こちらのお店の成功を機に、
大阪のカレーが続々と東京に来てくれるとウレシイですね!

ということで、こちらはわざわざ行く価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!


【お店情報】

旧ヤム邸 シモキタ荘

住所:東京都世田谷区代沢5-29-9

電話:03-6450-8986

営業時間:11:30~14:30/18:00~21:30

定休日:火


新宿中村屋 インドカリー香りとコクのキーマ 160g×5個
クリエーター情報なし
中村屋





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




samuraiです。

今日は新宿にある『カフェハイチ』というお店にやってきました。



本日は新宿センタービルにある
『カフェハイチ』へとやってきました。
ハイチといえば、一世を風靡したドライカレー
コレは楽しみですね~!!
(・▽・)

それでは行ってみますか!!



店内はお昼時ということもあり、なかなかの盛況ぶり。
近隣のOLさんやサラリーマン諸兄のほかに
学生さんなども多く入り混じっていますね~。

さて、メニューはこちら。



まあ、頼むものはもう決まっていますね。
ということで「ドライカレーコーヒーセット(890円)」に
目玉焼き(+100円)」をチョイス。

テーブルの上にはハバネロソースがあったりします。



さて、待つこと15分。カレーがやってきました。



いや~、実に心躍る見た目ですね!!

カレーにはスープが付いてきます。



この日はミネストローネでした。
トマトの酸味とコクが爽やかですね~!
(´▽`)

さて、カレーはこちら。



ええ、この見た目に何の説明が必要でしょうかw。
(*^¬^)ノ



下にはライス、その上にカレー、さらにその上に目玉焼き
見事な三層構造ですね~!!

それではいただきますか。



ルーは非常に濃厚。
そして、玉ねぎの甘さがグッときますね~。
辛さはなく、口当たりは非常にマイルド
辛さが欲しい向きには、先ほどハバネロソースを合わせてもいいかと。
イイ意味で、万人受けするカレーですね!!
(=゚Д゚=)ノ



そして、半熟の黄身を崩していただくと、
ルーの濃厚さと黄身の濃厚さがしっかりとマッチ!
まさに日本のドライカレーの礎と言っても過言ではないですね!!
(*゚▽゚)ノ

そして、〆はコーヒーを。



こちらはカフェを謳っているだけあって、
コーヒーはハイチコーヒー
酸味コクのバランスがたまりませんね~!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ ハイチ フッコウーーー!!

ということで、こちらはガチですよ!!

まさに古きよき、日本の喫茶店といった感じの
なごやかな時間を過ごせますね!!
お昼時はしっかり混んでいますが、行列もなく
ゆっくり過ごすには最適な選択肢と言えるでしょう!
(゚∀゚)ノ

カフェハイチ二号店は2016年3月末で閉店し
2016年7月に中野へ移転しましたが
新宿はまだサブナード店もあるので、
このあたりでドライカレー
おいしいコーヒーがいただきたくなったら
迷わず行って損のないお店でしょう!
みなさんも是非!!


【お店情報】

『カフェハイチ 新宿センタービル店』

住所:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル MB1F

電話:03-5322-3620

営業時間:8:00~21:00(休日は11:00~)

定休日:不定休


グリーンアイズ ハイチ 珈琲豆 200g 挽き(粉)
クリエーター情報なし
グリーンアイズ


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ