samuraiがお届けするカレープラスα(アルファ)を徒然なるRockな日々の雑感とともに。
カレー侍 (Curry Samurai)



samuraiです。

今日は新橋にある『curry and rise 幸正(ゆきまさ)』というお店にやってきました。



こちらは新橋駅から大門方面に向かい、環二通りを越えてすぐの路地裏にあります。
駅からは徒歩7,8分といったところでしょうか。
明らかに呑み屋の居抜き物件といった佇まいが
実にシブいですね~w!
(´・ω・)

それでは行ってみますか!!



席数はテーブル席で約10席ほどでしょうか。
お世辞にも広いとは言えませんが、
清潔感があってステキな空間ですね~!
(´▽`)

さて、メニューはこちら。



メニューの左手がカレー、右手がドリンクになっています。
カレーはビーフ・ポーク・チキン・シーフード
これまた悩ましい組み合わせ。

ということで、悩んだ末に「シーフードカレー(1,500円)」をチョイス。

さて、待つこと3分。まずは前菜スープがやってきました。



おぉ~、コレはかなりそそられる見た目ですね~!!
(=゚Д゚=)ノ

中央部にマッシュポテト、その横にはにんじんのラペ
さらにカボチャ、ビーツ、ゴーヤ、キウイ、スイカのピクルスがのってます。



マッシュポテトはクリーミーで、単体で食べてもとても美味。
ピクルス類も素材の味を残しつつ、さっぱりとした酸味。
おー、スターターとしてもってこいですねコレは!!
( ´∀`)ノ

こちらはスープ。



こちらは牛コツベースのスープ
牛のしっかりとした旨みが感じられて、
ほっこりとしたウマさを感じますね~!!
( *´д)ノ

さて、待つこと10分。カレーがやってきました。



これまたフォトジェニックな見た目ですね~!!
インスタ系女子ならこの見た目で一発KOですねww!
(;゚д゚)

さて、カレーはこちら。



ルーの上に、満月のように居城を構える
その威風堂々たる立ち姿。



ライスの上にはホタテ、ブリ、エビ、イカ
凛とした緊張感をもって盛られています。
実に美しいルックスですね~!!
(σ'∀')

ルーはこちら。



ルーはさらさらとしたスープ状
まさにスープの海という例えがふさわしいですね。

それではいただきますか。



ルーは牛テールを丸2日間煮込んで作られているとのことで
ビーフの旨みをしっかりと感じながらも、
実にシャープな口当たり。
カレーというより、上品なフォンドボーのスープをいただいているような
かなりラグジュアリーな味わいですね~。
ライスとの相性もバツグンですね!!
(*゚▽゚)ノ

では、肝心のシーフードいってみますか。



ホタテ、ブリ、エビ、イカはそれぞれきっちりソテーされていて
まるでフレンチのコースをいただいているかのよう。
単体でいただいてももちろんですが、
カレーと合わせると、カレーがまるでソースのように感じ、
より一層フレンチ色が強くなりますが、あくまでもカレー
実に奥深い組み合わせですね~!!
(≧∇≦)

そして、特筆すべきがライス!



ライスはなんと二層構造
上がトマトライスで、下がターメリックライスです。
非常に珍しいスタイルですね~。
(・ω・)



トマトライスは酸味と甘さが絶妙なバランス!
ターメリックライスは、なんとタクアンが混ぜ込んであり
歯応えと絶妙な塩気が、カレーとがっぷり四つ!!
実にグレードの高いカレーだと思います!!

いや~、こりゃおいしいですね!!
( ゚∀゚)ノ セップクモナカーーー!!

ということで、こちらはガチもガチですよ!!

カレーでありながら、もはや完成されたコース料理ですよコレは!
実にご馳走感の高いカレーだと思います!!
正直、お値段を考えると、かなりお得感を感じますね。
いや~、既存のカレーの常識を軽々と越えてきましたね~!!
ハレの日、または特別なディナーの時にも使えるお店だと思います!!
(゚∀゚)ノ



マスターは色々な料理を経験して、こちらのお店を出されたらしく、
それがまさにこの一皿に凝縮されているといっても
過言ではないでしょう!!



この力強いお言葉に、マスターの信念がうかがえますねw!

こちらはわざわざ電車を乗り継いで来る価値のあるお店ですよ~!!
みなさんも是非!!

【お店情報】

『curry and rise 幸正(ゆきまさ)』

住所:東京都港区新橋5-8-13

電話:03-6450-1221

営業時間:11:00~16:00/17:30~22:00(土・祝は20:00まで)

定休日:日


翁屋最中「きぬの夕月」10個入り-その他
クリエーター情報なし
翁屋


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 恵比寿 「ボ...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。